競争社会でへらへら笑って

司法試験という競争社会の中でもへらへらしてる受験生のブログ

999.京大生が勧める京大付近のおいしいお店(随時更新中)

f:id:azumero:20220406183413j:plain

どうも。あずめろです。
京都に来て早5日が立ちました(それは「早」なのか?)

京都、素晴らしいです。ご飯屋さんしかありません。ご飯屋さんがインフレしています。
さてさて、日頃から結構ご飯を食べているので、せっかくなら在学中に京大付近のご飯屋やさんリストを作ろう!と思い立ちました。

ので、作ります(断定)

最初に見てね

さて、2年かけて完成していく予定なこのリストですが、いたってシンプル。食べたお店を随時載せていくだけです。具体的には

  • お店の名前
  • 食べたご飯の写真
  • 場所
  • だいたいの値段
  • 若干のコメント

ぐらいでしょうか。

実際に記事を見てもらえば早いかなとは思います。

ちなみに、場所は京都歴5日の私(わたくし)が分けるので、これちゃうやろ!とかあるかもしれません。その際にはコメントとかで教えてくれると嬉しいです。

あと、更新は10~20店舗記載ごとにtwitterで更新通知をする予定です。

 

※ちなみに、僕はいわゆる「評価」とか「点数付け」とかはあまりしたくないので、コメントはたいして役に立たない場合がありますし、少なくとも「悪い点」も書かない予定です。その点ご了承ください。

 

要するに、こんな店あるんだ!と知ってもらえればいいということですね。

それ以上でも、それ以下でもありません。

百万遍

1. 総代 麺家あくた川

f:id:azumero:20220406190455j:plain

[http://]

700円くらい~

京大生御用達(推測)の家系ラーメン屋さん。昼時はかなり混む。家系にしてはこってりしていてしょっぱさ(塩気)が少ないので、家系苦手って人でも食べられるかも。

2.かつこ

f:id:azumero:20220406191635j:plain

[http://]

600円くらい~

餃子のお店。でもから揚げとかカレーとか手広くやってる感じ。店内が狭いから中~大人数では利用できないかも(/ω\)。

3.餃子の王将

f:id:azumero:20220416043800j:plain

[http://]

500円くらい~

餃子の王将の餃子って神です(断言)。特に外のパリパリ感とあの大きめのサイズ感。そしてあの安さとジャンル。神です。それが大学の近くにある。神です。

4.吉野家

f:id:azumero:20220416043925j:plain

[http://]

500円くらい~

牛丼3チェーンの一角。食券方式ではないのは温かみ()を与えたいかららしい(伝聞)。焼肉定食うまし。

5.松屋

f:id:azumero:20220416043849j:plain

[http://]

500円くらい~

牛丼3チェーンの一角。なのに松屋すき家の並びにはない仲間外れ感。いつも食べるネギ温玉の丼がおすすめです(それ以外をほとんど頼んだことありませんが・・・)。

6.すき家

[http://]

500円くらい~

吉野家の数々の失態の間に相対的に浮いている牛丼チェーン。ここは少し店内が広いからいいかも。

7.ジェイムスキッチン

f:id:azumero:20220416044008j:plain

[http://]

700円くらい~

京大生からはJKと言われているらしいハンバーグのお店。かなりがっつり系のお店で、しかもクーポンが定期的にもらえるので結構安めに食べられる。

8.hi-lite

f:id:azumero:20220416044037j:plain

[http://]

500円くらい~

ザ・学生街の定食屋って感じ。メニューめちゃくちゃあるし、安いし、量多い。しかも金曜ならクーポンもらえて、300円とかで食べられる。素晴らしい。味噌カツ定食があるのも素晴らしいけど八丁味噌を名古屋発祥と書いていたのは許せない😡

9.マクドナルド

f:id:azumero:20220418142003j:plain

[http://]

100円~

マックをマクドと訳すのは訳が分かりません。そういう訳をする方はこれから「朝マクド」「ビッグマクド」「マクドカフェ」と呼んでください(辛辣)

10.北海道らぁめん 伝丸(new)

[http://]

700円くらい~

伝丸の店内で伝丸の悪口を言うほどまずいといわれる悲しき伝丸。しかし悪評ほどひどくはなく、味噌ラーメンとか食べたいなら別にいいのではないか?と思う。私は豚骨以外認めないのでそもそも論外ですが。

11.KFC(new)

[http://]

300円くらい~

写真撮るのがヘタのなのはご愛敬。時々鳥が食べたくなるのでありがたい。でも好きなのはロールなんですけどね。手がべたべたになってしまうからね。あと2階からは自転車が回収されるところが見れるのでありがたい。

12.Boogaloo Cafe(new)

[http://]

800円くらい~

個人的一押し店。ご飯はまあまあおいしい。とにかくおすすめポイントは店内。その広さ、そして客がいない。特に奥まった個室みたいなところがあるのが最高。ミーティングとかするならベスト。神。連日行ってしまった。

13.サコ、ブーン⤴(new)

[http://]

900円くらい~

サコ、ブーン⤵ではない。名前が変わったお店。店内は狭いけど、民宿みたいな感じの温かみがある。おばんざいも沢山出てきて、とり天も揚げたて、すばらしい。温かみを欲している人はぜひ。

14.中華そば たく味(new)

[http://]

700円~

豚骨原理主義の私(わたくし)が、うまいと思った醤油ラーメン、と思ったらメニューには豚骨醤油の文字が。そうですよね、豚骨ならうまいですよね。ネギたくさん、お肉沢山で、街ラーメンっぽいのに、深い味わい。うまい。ただしお店が狭い。

15.サイゼリヤ(new)

[http://]

300円~

言わずと知れた名店の中の名店。京大の目の前にあるからこれはもう安心。ミートドリアの器が違うかもしれないが、それでも味は変わらない。おふくろの味なのだ。おすすめは15:00~16:00の入店。誰もいない。そこがいい。豪遊できるのだ。

16.おむら家(new)

[http://]

1000円~

おむらはうすとの名板貸しの責任を法学部生は誰もが気にしていたことだろう。しかし、実は同じ系列店だったのだ!もう安心。ランチは選べる定食。優しい味がする。夜は居酒屋なので夜も行ってみたいかも。

元田中

1.キッチンぼーちゃん

f:id:azumero:20220406190040j:plain

[http://]

500円~

大分から揚げをメインとするお肉全般のお店。かなりがっつり系だけど、量も調整できる。学生はから揚げ定食500円で食べられる(量はかなりおおい)。お店の人が「おじちゃん」って感じ(もちろんいい意味)。

2.華祥

f:id:azumero:20220406190908j:plain

[http://]

700円くらい~

こだわりありの中華屋さん。昼時は結構並んでる。人参を一枚一枚入れてた👀

3.方圓美味

f:id:azumero:20220406191224j:plain

[http://]

600円くらい~

四川料理のお店だからか回鍋肉は辛かった。お休みの日に京大生らしき人が「今日やってないのかよ~」と叫んでたので人気なのかも。

4.星の球

f:id:azumero:20220406192518j:plain

f:id:azumero:20220406192555j:plain

[http://]

900円くらい~

昼(14:00~)やってるバーっぽいカフェ。お酒と羊料理がメイン。羊が大好きで気さくな店主が経営してる。昼から飲めるのはかなりいいかも。

5.ケニア

f:id:azumero:20220406193048j:plain

[http://]

500円~

なんでも食べられる定食屋さん。日替わり定食はドリンクまでついて740円。なぜ店名がケニアなのか。知ってる人いたら教えてください。

6.四川亭

f:id:azumero:20220416044117j:plain

[http://]

800円くらい~

担々麵のお店。今回は汁なしタンタンメンを注文。辛くはないけど、結構胡椒とか山椒?が効いてて、辛い「系」が苦手な人は厳しいかも・・・。でも汁なし担々麺を食べられるのはかなりうれしい。

7.ろぶた

f:id:azumero:20220416044144j:plain

f:id:azumero:20220416044210j:plain

[http://]

1000円くらい~

韓国料理の居酒屋。サムギョプサルの量がかなりあるので多人数で行くことおすすめ。お店の人が目の前で焼いてくれる。めちゃくちゃおいしい。

8.とんかつ処 おくだ(new)

[http://]

1000円くらい~

とんかつメインの揚げ物店。おいしい。少し高いけど。特に味噌とんかつが食べられるのは神。愛知県民にとっては神過ぎる。あとお店のキャラがカワイイ。可愛すぎる。

9.那交(new)

[http://]

800円くらい~

いわゆる街中華のお店。デリバリーをよくやってる。八宝菜結構大きかったけどご飯をお供に食べなきゃいけなくて鬱🥺🥺🥺。

10.you&me(new)

[http://]

1000円くらい~

奥まったところにあるカフェ。内観がなかなかごちゃごちゃしてる。キノコのぬいぐるみとかある。かわいい。カウンターで店主のお姉さんと話せる。クリームソーダとかがおすすめらしいのでぜひぜひ。

11.リバーサイドカフェ 京都スローフード〜きまま〜(new)

[http://]

1000円くらい~

毎日、朝昼晩とお店が変わる不思議なカフェ。マンション内にあるからマジでわからない。しかしご飯はおいしく、なにより雰囲気が素晴らしい。テラス席は最高である。お目当てのお店の時にぜひ行こう。

12.HottoMotto(new)

[http://]

500円くらい~

なんだかんだ近くにあると嬉しいお店。コロナ明けにビビンバ丼、食しました(●´ω`●)

13.順和(new)

[http://]

600円くらい~

メインストリートに面した小奇麗な中華屋さん。しかし夜にセットがない。中華は夜にセットをやめるところ多いけどかなしい。一人で食べる人もいるんだよ🥺🥺🥺

14.里乃家(new)

[http://]

3000円で食べ放題

学生みんな大好き里乃家。食べ放題のお肉が異常な速さで出てくる。ビールとかドリンクもどんどん出てくる。お店のおじちゃんが良い人(●´ω`●)。3000円でひたすら食べられるのでぜひ。

15.キッチンとまと畑(new)

[http://]

???

お惣菜専門店。めちゃくちゃたくさんお惣菜がある。特に副菜関係が豊富。これはうれしい。あと店名がかわいい。すき。

出町柳駅の近くっぽいところ

1.らぁ麺 今出川

f:id:azumero:20220406184945j:plain

[http://:title]

700円くらい~

醤油ラーメンのお店(隣の大学生4人はみんなまぜそば食べてたからまぜそばも人気なのかも)

2.おむらはうす(new)

[http://]

1000円くらい~

人気なオムライス専門店。ケチャップが苦手な人でもオムライスが食べられるからおすすめ。店内は結構おしゃれ。ひらがなの店名ってかわいいよね。すき。

阪急スクエアの辺

1.musi-vege+cafe

f:id:azumero:20220406192228j:plain

[http://]

900円くらい~

自然派+多国籍料理カフェみたいな感じだけどチキンとかは結構がっつりしてる。温野菜付きはうれしいかも。

2.ハンモックカフェkenken

f:id:azumero:20220416044245j:plain

f:id:azumero:20220416044308j:plain

[http://]

500円くらい~

ハンモックに乗れるカフェ。パスタとか食べられるし、昼からアルコールも飲める。ハンモックは1時間まで(それ以降は別途料金必要)。ハンモックに包まれる...subarashii...

3.ポポラマーマ(new)

[http://]

600円くらい~

マーケット内にある普通のパスタ屋さん。おかしいところがあるとすれば女性店員(かわいい)と異常に目が合うところ。おかしいぐらい目がある。これは恋か?と思った。もしかしたら服を逆に着ててタグが出ているのを見てたのかもしれない。いや、そんなことはあるまい。きっと恋だろう。

一乗寺

1.びしや(new)

[http://]

700円くらい~

ラーメン激戦区一乗寺遠征において第一目標が閉まっていたので急きょ変更して行ったお店。家系なのにこってり(塩辛くない)で素晴らしい。チャーシュー麺はすぐになくなってしまうのでお早めに。

鴨川デルタの向こう(北)側

1.さるや

f:id:azumero:20220416044342j:plain

f:id:azumero:20220416044422j:plain

[http://]

300円くらい~

下鴨神社内の境内にある休憩処。お団子とかお茶とか楽しめる。さるは「申」のことっぽい。

北白川の辺(北)

1.キッチンごりら(new)

[http://]

1000円くらい~

言わずと知れた名店。住宅街にあるからわかりにくいけどいつも人気。お肉大好きそうな店主が豪快にお肉を焼いてる。ハンバーグはめちゃくちゃ肉厚&肉感がある、そう、めちゃくちゃ肉厚なハム感があるのだ。友達が左京区に来たら是非連れて行こう。

2.グリルにんじん(new)

[http://]

???

デリバリーで頼んだのでよくわかっていないお店。わかっていることはお店の名前がかわいことと、ご飯がおいしいこと。キノコのソースあんまり好きじゃないけど、ここのはおいしい。ぜひいつか店を訪れたいな。

3.天下一品 総本店(new)

[http://]

700円くらい~

言わずと知れた天一の総本店。こんなところにあるなんて。。。天一のこってりはやっぱりこれだよな、と再確認。チェーン店なのにお店によって味が違いすぎてビビる。ここはうまい。食った後に意識がもうろうとするからドカ食い気絶部員は必ず来よう。

北白川の辺(南)

1.キッチン松之助(new)

[http://]

600円くらい~

The学生向けの定食屋さん。ご飯がたくさん食べられる。角煮めっちゃおいしい。あとスタンプカードがうれしい。こういうのあると貯めたくなりませんか??

2.MAHA CURRY(new)

[http://]

1000円くらい~

フォロワーさんからのご紹介。+10円でチーズナンに変えられるという素晴らしいお店。変えないわけがない。女性客が多い気がする。思えば店内も綺麗、あとインドカレー屋さんによくある異常な量のナン、ではない。行きやすいかも。

2.カフェコレクション(new)

[http://]

500円くらい~

森見登美彦先生の作品にも何度か出てくる名店。お店の雰囲気がいいし、店員さんが不愛想なのもいい。料理も沢山あるが、このバターライスは大盛無料で貧乏学生にとってうれしい限りなのだ。ここも京大付近の名物といえそうである。

平安神宮の辺(おおざっぱ)

1.からこ(new)

[http://]

700円くらい~

なにやら野菜が食べ放題なお店。野菜だけでなく、キムチとか軽い揚げ物も無料。すばらしい。ラーメンもおいしい。自転車が停められたらなぁって感じ。

京都大学の中

1.中央食堂

f:id:azumero:20220416044456j:plain

[http://]

500円くらい~

絶妙にわかりにくい場所にある食堂。味は名大と変わらない?南部と北部と比べてからのお楽しみかな?

2.なべや(お弁当)(new)

500円~

正門と吉田南の間にポツンと出店を出しているところ。人気で12:00ごろには完売してるかも。今回は海老カツ。他にも色々あるもよう。ご飯も沢山食べられる。これで500円は安い!

 

おわり

26.今週のお題「何して遊んだ?」

「何して遊んだ?」との問は案外難しいのですが直近で遊んだことを書こうと思います(直近遊び一個説)。

さてさて、最近いつ「遊んだ」のでしょうか。。。

どうも5/19日に、

22歳親のすねかじって京都で一人悠々自適に暮らしている交際相手なし廊下であったクラスメイトにおはようと言われた際に「・・ぁ・・ぉあ・・・」としか言えなかった眼鏡陰キャが、

民事実務基礎の演習課題が分からな過ぎること及び欠席のせいで演習課題を2問分解かなければならないことを理由に、

夜11時に周囲に誰もいない状態であることを奇貨として、

法科大学院の自習室において、

名古屋マリオットアソシアホテル20周年の限定ユキヒョウちゃんパペットで、

「遊んで」いたようですね。

 

ロースクールに入学したい方々、こうなっちゃうことを十分に理解しておくようにしましょう。

 

ちなみにこんな感じで遊びました。

ユキヒョウちゃんが課題をやってくれるとのことでしたので、私は一問解かずに寝たのですが、翌日全く白紙の演習課題が置かれていました。おかげで授業ギリギリまで、たった2時間で演習課題4をやらなければならず、賃貸借についてゴミカスナメクジ答案を作成してしまいました。間違いなく呼び出しを喰らうでしょう。その際にはユキヒョウちゃんの契約不履行を抗弁事由として提出します。さすがの裁判官でもこの抗弁事由に対する再抗弁は主張できないでしょう。

 

さて、私は他にもふわふわのお友達がいるのですが、いかんせんローにはあまり持っていけません。というか、ふわふわのお友達を持ってきている人が少なすぎます。みんなお友達がいないんですね。。。かわいそうです。。。

 

ぼくはたくさんおともだちがいるので、いっつもしあわせです。

ちなみにさきほどいったように、ユキヒョウちゃんはパペットなのでじゆうじざいにうごいてくれます。これもしあわせぽいんと。

ちょうどきょうせきのとなりのこにふわふわのおともだちをつれてきてねといったのできっとぼくのじしゅうしつのしまはふわふわのおともだちでたくさんになるでしょう。

あそんだことはそんなものかな。まだみんぽうのふくしゅうきあんをしなきゃいけないんだ。。。じゃあね。

 

 

 

あとひとこと、

 

 

 

 

 

 

 

1年後に司法試験を控えたロー生に「何して遊んだ?」とか聞くな(●_●)

 

 

XV.阪大ロー得点開示



 

どうも。あずめろです。もうすっかりさっぱりすべてを忘れた阪大ロー入試の結果が届いたので結果とか分析とかを載せたいと思います。

開示結果

結果はななななんと・・・

 

 

 

総合1位(合格者129人/339人受験)

総得点333.59/450

筆記点290/400

書類点43.59/50

 内訳 大学の成績:17.59/20

    文書:27/30

憲法47/50=94%

行政法25/50=50%

民法89/100=89%

商法31/50=62%

民事訴訟35/50=70%

刑法42/50=84%

刑事訴訟法20/50=40%

ヾ(≧▽≦)ノやったー!!!なんと1位です!えへへ。

ご飯おごってください。

思えばペーパーテストで総合1位何て人生初だと思います。うれぴ。

 

「1」で検索したら言われたチャット

写真のりんなちゃんはきっとゆとり教育の影響で競争というものを「悪」だと教わったのでしょう。素晴らしい。永遠の伴侶にしたい。競争はこの世界を滅ぼす悪なのです。

総合点分析

総合1位(合格者129人/339人受験)

総得点333.59/450

http://www.lawschool.osaka-u.ac.jp/wp-content/uploads/2022/05/Is_siken_seiseki2022.pdf

阪大ローの入試情報によると写真の通りらしいです。

全くわかりませんが、平均して60%ほど得点していれば合格できるようですね。

去年や一昨年の最高点より明らかに低いです。今回は平均点が他のそれよりも低いのですが、だとしても高くないのでした。

書類点分析

書類点43.59/50

内訳 大学の成績:17.59/20=87.95%

   文書:27/30

高い!うれしい!です。

大学の成績

これはステートメントと別枠を作っていることからも純粋に大学の成績を見ていることが分かります。得点も小数第2位まであるので機械的に算出しているのでしょう。

で、重要なことは「GPA」を3段階か4段階のどちらで評価しているのかという点です。

で、自分の「GPA」が3段階では3.7ほど、4段階では3.0ほどであることからすれば、

阪大は3段階で評価しているよう

or

4段階でも単純な比例関数的に評価しているのではなく指数関数的に評価している(ある一定上の成績はほとんど同じになる)

のではないかと思います。

というのも仮に4段階ならば3.0/4.0の自分が9割近い点数を取れるのはおかしいからというのが理由です。

ただ、仮に前者の三段階だとしても3.7/4.0=92%なのに対し書類点は17.59/20=87%という事実からすれば整合性が取れないというのがあります。

対して後者の4段階で何らかの処理をする方でも、なぜそんな面倒なことするのかとか、指数関数的な評価の方法とかはなんなのかが問題になるとは思います。

結論私は3段階方式を採用しているのだと思いますが、確証はありません。

3段階方式なのだとすれば、「GPA」が高くなる人にとってはうれしいですね。

 

なお「GPA」について詳しくはこちらを参照ください。

azumerogohan.hatenablog.com

文書

わい、阪大に法律家としての適性を認められる。阪大、しゅきヾ(≧▽≦)ノ

9割は実質最高点なのかな?とか思っています。というのもこういう文書で満点って、「きみ、もう法律家だよ、ベイベー」と言ってるようなものなので。

他の方を知りませんが、頑張って書けばいい点は出るようです。付属書類がどれくらい活きたのかは知りません。

筆記点分析

総合

筆記点290/400=72%

72%も取れれば十分では?と思います。

書類点加味した平均点が261点で、書類点が半分の25点くらい取れるとすると、筆記点は235点前後、つまりは58%ほどでしょうか。58%が受験生の平均だとすれば72%も少し高いくらいかなと思われます。

一つ言えるのは全体として点数をきちんとつけてくれるということです。跳ねる点数もあればめちゃくちゃ低くつける科目もあるので、その点ではばくちが打ちやすいかもしれません。

さて、あとは各科目を!

憲法

憲法47/50=94%

「あの。せめてお名前だけでも・・・」

今助けた丸メガネが似合う美少女はか細い声でそう尋ねた。丸メガネに似合うその振る舞い、真円で大きい丸メガネ。これほど似合う女性はそうはいないであろう。

「・・・憲法の伝道師、ですかねーーー。あ、あと丸メガネ似合ってますねー」

そういうと、男は喧騒の中に消えていった。。。。

 

どうも憲法の伝道師です()。断じてI塾のIさんではありません(私はI塾というかIさん好きではないので)。

さて、全く予想外の点数が来たので再現答案を見てみましょう。

うーん。

何書いたか覚えていない+再現率の著しく悪い答案=何もわからない。です。(一番得点良い答案の再現が悪いって無能すぎんだろ!)

 

・・・・ふぇぇぇえええん。。。。あぅ。。。

本当の姿。断じてイメージ図ではない。

設問前半はほんとにレペタままのことしか書いていないはずです(それ以上書けるほど憲法を知らないので)

後半は再現の通り、比較してます風をアピールしたので、この点がはねたのでしょう。

ちなみに憲法は苦手(謙遜ではない(例えば京大ローの成績を見れば明らか))ので、なんか阪大の憲法教授に気に入られたのでしょう。

え?憲法の教授×高得点=「親密」な関係にあったんじゃないのかって???まさか笑そんな問題漏洩する憲法の教授なんているわけないでしょ笑笑

行政法

行政法25/50=50%

まずこの答案は別に相対的に良い答案では無いですね。

ローの神の授業を聞く限り私は何も行政法を理解しておりませんでした。ので、この点数でも仕方ないでしょう。

特筆すべきこともないと思いますが、今年から試験範囲から行政訴訟法が外されたので、今後も講学上の概念とか実体面・手続面の問題が出るんだと思います。

民法

民法89/100=89%

民法はやっぱり得意のようですね。きちんと評価されてうれしい限りです。

第1問は予備校使ってる人とかはみんな点が良いんだと思います。逆にこれができないとめちゃくちゃ点数下がるとは思います。

点がはねた理由は第2問でしょう。契約不適合の問題は規範と事実の合致が難しいのでその点ができた点+第2問で損害回避義務論みたいなのを書いた点が良かったのでしょうか。少なくとも「代金減額請求は認められるとして」との問題点を挙げられたのが良かったのだと思います。

まあ今なら確実に要件事実の弊害によりこんなに書けませんが。。。🥺🥺🥺

商法

商法31/50=62%

うーん。えぇ。。。そんなにひどいこと書いたつもりないんですが。。。

ということで手ごたえに反しめちゃくちゃ悪いので、何か良くなかったのでしょう。京大ローもこんな感じだったので反省しなくてはなりません。

設問1は本当に合っている(はず)なの論述の仕方や事実の評価がまずかったのかもしれません。

設問2があんまりきちんと書いてなかったのでここの点数が良くなかったのでしょう。

うーんだとしてもそんなに悪い点数かなぁ(メンヘラ化)

民事訴訟

民事訴訟法35/50=70%

The 普通ですね。民事訴訟法は特に厳密な用語運用が求められますが、私は結局そういう細かいのを覚えず、書けずだったのでこのような点数になっても仕方ないでしょう。

しかし論点はあっていたと思うので、論点さえ当てればこれくらいの点数がつくということでしょう。民事訴訟法はわせろーの過去問が良いですね。さすが勅使河原先生といったところでしょうか。

刑法

刑法42/50=84%

時間かけたのでこれくらいの点数で妥当でしょうか。

電話で金を要求したところでの値段交渉とかの事実をきちんと使えたのが良かったと思われます。

放火の方は使ってない事実があったのでその分点が引かれているのでしょう。でも論点とかきちんとした評価をすればいい点数がつくんだと思います。

まぁ刑訴の生贄の上に成り立っているんですがね()

刑事訴訟法

刑事訴訟法20/50=40%

おそらく阪大の刑訴の教授は心底ほっとしているでしょう。こんな点数を取った1位が入学した日には阪大刑訴は終わりです。先生安心しください。代わりに京大刑訴をThe Endさせてきますから。IKD先生、無能でごめんなさい😭😭😭

どう考えても妥当な点数なんですが、おそらく語句説明15点ほど+事例5点ほどでしょうか。

事例は自白法則で違法収集証拠排除法則を用いることの論証ができていないことが致命的でしょう。むしろ察してくれた点数であったといえます。

あとこれを見る限りよほど足切りとかはないのでしょう。受験生の皆さん安心して用語の暗記に努めてください。

感謝ヾ(≧▽≦)ノ

おわりに

ということで振り返りも終わりです。すっかり記憶も失われ興味もないのですが、受験生の皆様の一助になれば幸いです。

 

 

それでは。

 

( ˘ω˘)スヤァ

 

 

25.今週のお題「ホーム画面」

2022/05/28加筆修正 個人情報の指摘を受けたので(プライバシーはどうでもいいと思っているのですが)、いちおう写真を消しました。以下は皆さんの思い思いの陰キャを想像していただければ幸いです。それがあずめろということです。

はじめに 

今週のお題』なるものがあるらしい。まさに今日、さっき知った。

ブログを1年半近くやって気づいたが自分でテーマを設定するのは存外難しい。もちろんほとんどは書きたいことを書いているのであるが、それでも難しい。

ということで、こんな楽なことはなかなかないぞ、ということで始めてみる。

週1回ってとこも良い。あんまり暇はないのだが(ほんとだぞ!!)、毎週1回くらいは書かなくては?と思ったり思わなかったりするので。

ということで今日(今週)から参加。

LINE

 

LINEのホーム画面はこれ。別段まずいものは映っていないだろう。
あ、映ってた。画面中央から右に陰キャが一匹。

 

思えばトプ画、それもLINEなんて「あなたを一言で表してください」と言われているのと同値なのだと思う。就活面接の第一声は「トプ画見せてください」でジ・エンドだろう。

考えてみてほしい、いや、クラスラインでもなんでもなんか大きめのグループを開いて一人ひとりのトプ画を見てみてほしい。

自分の写真、友人との写真、風景、ペット、趣味、熱中しているもの、漫画・アニメのキャラ、ネタ画像、初期設定・・・

およそその人がどういう人間なのかを体現している。

 

院生にもなると、トプ画で多いのは自分の写真である。それも直接は映っていない、私の写真みたいなものだ。シルエットは男性に多く、かわいらしい服装をして顔だけ隠しているのは女性に多いか。

友人が映っているのはきっと陽キャである。そう。間違いない。

ペットを飼っている人はペットか。確かにこれは楽でいい。話題にもなるし、そもそも好きなのだろう。

風景。これは顔写真は嫌だがペットも飼ってないな・・・という人が多いのかもしれない。あるいみ一番「落ち着いている」のかもしれない。誰でも旅行はするし、特に意味はないのかもしれない。

趣味。これも多い。物が映っているのはだいたいこれだろうな。熱中しているものも同じだろう。いいね。趣味。

漫画・アニメのキャラ。これは陰キャ

ネタ画像。本人はいとをかしと思っているのかもしれない。はぁ。他人から見ても面白い。もっとやれ。

初期設定。時々いる。「我」を通している。結構好き。でも少しサイコパス感がある。

 

こうしてみると当たらずも遠からずな感じか。やっぱり個性が表れている。ような気がする。

もちろん、例えば自分の写真の中でもいろいろある。

夕日によって影になっていたり、部活か何かで活躍している写真であったり、友人との記念撮影であったり、模擬裁判の書面(メモリアル)提出日に大学の研究室(自習室)で「真っ暗にして勉強してる姿写真撮ったら映えね?卍」と思い、本と食料とゴミと酒が散らかる部屋での写真、とかである。

 

私が「なぜこれにした」と、改めて言われると悩む。が、こう答えるだろう。

「まずさすがに大人だからなんか自分の写真が映ってるのがいいと思います。そのうえで、自撮りとか顔が映っているのは嫌です。なんだかんだ誰に見られるのは嫌だから。で、その上で自分がどんな人間で、どんなことをやっているのかを端的に表せるといい。となるとやはり法律、まあ広い意味で勉強とかでいいか。あとちょっとかっこいいと良いよね///真っ暗な部屋でお勉強。これカッコいい///。そういうわけでこの写真」

まず「さすがに大人だからなんか自分の写真が映ってるのがいいと思います。」この表現(考え)が既に子ども。稚拙。改めて書くとわかるが、良く「なんでも批判的」とか「天邪鬼」とかっていう割には結局大衆に流されている。次に「何をしているか」で「勉強」が出てくるあたりが陰キャ。せめて趣味にしろよ。終いには「真っ暗な部屋でお勉強。これカッコいい///」どこがかっこいいのか。再考すると本当にわからない。なぜこれなんだ。なぜこんな限界大学生なんだ。。。

 

ではどんな代替案があるのか。今一度「アルバム」を見てみた。

 

ない。これ以上に自分を表せる写真がないのだ。かなしい。だが仕方ない。

こういうわけで「tinderでLINE交換してみたらドタキャンしたくなるやつが設定しているトプ画」のままいこうと思う。

 

おわりに

これはいい。30分ほどで書けるしテーマを考える必要性もない。

面白くない記事だったらテーマが悪いと一蹴すればいいし、そもそもラフに書いているから頑張る必要もない。

ということでこれからも書く、と思う。

 

※ここまで読んで賢明な読者は気づいただろう。そう「ホーム画面」とはスマホかパソコンを起動した後の最初の画面のことを言う。なぜ「トプ画」について書いたのだろう。🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺もうむりぃ

 

24.ただ、買った本をさらそう

全国積読(つんどく)部のみなさん、こんにちは。積読部平部員のあずめろです。

さて、悪魔契約したGWもおわり記事を書く題材も見つからないので、ここ1,2か月で買った本をさらそうと思います。ただ、さらすだけです。

なぜなら、あれ?なんか急に本増えたな?と思ったからです。ただそれだけ。

 

 

 

え?「読んだ」本じゃないのかだって??

え?「紹介」じゃないのかだって??

 

 

 

 

 

 

 

はぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(クソでか溜息)

 

 

専門書関係

2005年出版という民法改正前にも関わらず京大ロー生(特に1組)は熟読している本。かなり理論理論している記述もあるが、助かる記述も多いのでうれしい。ところで先生、民法Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ-2からが買えないのですが、、、どこで買えますか?

みんなだいすこ中田債権総論。契約法と合わせれば怖いものなし、だと思ったら京大ロー民法の前には不十分だった模様。そらあかんわ。

受験生大好き中田契約法。かゆいところに手が届く気がするし届かない気もする。コラム欄が多すぎ&大きすぎでどっちが本文かわからなくなる。でも、すき(乙女)。

受験生大好き、みんな持ってる通称大島本。要件事実の重要なところはだいぶ書いてあってすごい助かる。

と最初の方は思ったけど某ローの某実務基礎は第3回からおかしなことになった結果、これでも足りない。のでもっと詳しく書いてくれ(´;ω;`)

要件事実関係諸本

司法研修所が出版している諸々の教科書類。結局大島本有能やん!のためだけに存在している、合コンで言う引き立て役みたいな本()。でもたまにいいこと書いてるし、一審解説とかはこれから使うのかな?と想像を引き立ててくれる。でも結局大島本がかわいい子たちをお持ち帰りしちゃう。そんな存在。

京大会社法本。網羅性高い素晴らしい事例演習書。最新判例まで網羅しており、随所で江頭を進めてくる。執筆陣の年齢が近すぎてみんなお友達か?等と思ってしまう、そんな本。

圧倒的信頼性、圧倒的網羅性、圧倒的殺傷能力。それが江頭(えがしら)会社法である。ぜひ「えとう」ではないことを明記してくれ。恥をかく。あと頼むから横書きにしてくれ(うそだよ縦書きの割には読みやすいよ)。

なんとなく買った会社法百選。判例がたくさん載っている。これ100個判例が載ってるだけかと思うでしょう?奥さん、ちょっと待った!!なな、なんと!出血大サービスで146判例も載せてるんです!これでなんと!判例「百選」!お買い得ですね。

学部時代に所属していた大学院ゼミの先生の単著。ついに出た。しかも内容が後訴遮断理論の信義則適用について。これ普通におもろいやつやん・・・。受験生誰もが考える争点効・反射効の理解を助けてくれるやつやん・・・。しかも背表紙かっこよすぎやん・・・

悪名高いケースブック刑法。京大出身者が書いている模様。学説重視といわれるが、むしろ刑法総論で学説を重視しないで勉強する方法があるのならぜひ教えてほしい。先生方は悪くない。うん。悪くないよ!(ystk先生、エゴサしてたら単位ください)

有名ツイッタラー井田良(まこと)先生の死刑に関する単著。はしがきだけで面白さが分かる。てか実際おもろい。死刑制度って法学部だというとよく聞かれるからこれは読んどくと良いかも(はしがきで本の面白さというか情熱?わかる説を水ダウで検証してくれ)。

ケースブック刑事訴訟法

圧倒的鈍器。でも表紙カバーをはがすとかっこいいから許す。すべての専門書は箔をつける義務を負う法律の制定を早くしろ。高いといわれるがたかだか5000円なのでそんなにでは?と思ったり思わなかったり。ちなみにe-booksで読めるため持ち運ぶ必要はないもよう。

神こと原田先生が購入しろとご指示なさった本。もちろん購入させていただいた。ケースがたくさんある。たくさん載ってるだけでコメントはほぼない。少し悲しい。神にサインでも頼めば悲しくなくなるか。

明らかにハードカバーで出すべきだったのになぜかソフトカバーの方で出版された京大の先生メインで書かれた教科書。ちなみに10年近く改定されていない。構成が結構特殊。内容は充実。時折みられる個性的な文調が好き。参考文献へのコメントがあるのも好き。でも古いのはやっぱり嫌い。

国際法(浅田)毎年改訂してんのか?と思うほどに版と色が変わる基本書。共著であり判例の説明もあってかなり良心的。個人的には国際法勉強したい人にはこれを勧めている。国内関係に関する記述に重点を置いているので、その点国際法に興味ある!って初学者にも勧められる良書。あと共著なのも記述が荒ぶってなくていいところ。

いわずとしれた名著。主権免除の決定版。これさえ持っていれば外国の裁判で訴えられた際にも免除されるとか。学部を卒業したので「まぁ買っとくかぁ」と思い購入。ご覧の通り表紙を見せて飾っている(元ゼミ生の鑑か?)。注目は何といってもおわり部分の回顧録。某島先生もいろいろあったんやな・・・と思いなんかエモくなれる。京都にいるとなおさら。夏休みには読むから・・・ね??

This book is one of the world's most famous and reliable international law textbooks. The great thing is not only content but also the fact that it makes your room look intelligent and stylish just by keeping it. There are many state practices that you can invite the person you love to your room just by having it, so this is crystallized as customary international law (FYI opinio juris is never required).

大会の賞品。昨今国連批判、特に安保理の現状と課題についての議論は沸騰しているので是非読んでおきたい。どれくらい沸騰中かというと、某大学の卒業式で来賓のじじが卒業祝いの言葉で適当に国連批判とソ連批判(ロシアではない)を始めるくらいには沸騰中である。

ロー入試が終わってからの3ヶ月の人生のモラトリアム期。唯一成し遂げたことがあるとするならばこの本をほとんど読んだことであろう。法哲学を学ぶ上では非常に明快であるが、反面客観的説明に終始しすぎており哲学分野を学ぶ上での「楽しさ」が薄かった気がする。なお「ほとんど」とはCLSの部分を読んでいないからである。後期にCLSの授業を取る以上勉強しなくては。

という上記問題点があったので購入した本。有名な先生らしい。はしがきに「私はこう思う。君はどう思うか」の構成で書いた、と述べていたので、きっとイメージ通りの本のはず。授業とかで良く思うが、正直本で学べることはそこそこに教授の私見(感想といってもいいかもしれない)を言う授業をしてほしい。それでこそ「授業」を聞く意味があるというものではないか(その点某島先生の授業はやはり面白すぎた)。

なんとなく寄った古本屋で買った一品。ケルゼンの古典を読むほどまだ勉強できていないので当分読まないつもりである。訳が横田先生である点等、国際法法哲学の関係は欲出てくるので面白い。今思えば某島先生の授業がなければ国際法、ひいては法哲学などみじんも興味を抱かなかっただろう。

ちなみに最後の頁には以下のようなメモが書かれており、これも古本ならではの醍醐味である。

自分が深く勉強したいことをまとめてくれた良書。我らがymki先生編著である。先生にこの本についていろいろ聞きたいが、受験生でもあるし時間を取らせるわけにもいかないから我慢。このような法哲学の解釈学でもかなり実定法に寄っているもの、他にもあるはずなので色々読みたいが、それは受験生を終えてからのお話。

ぼくちん大好きJ.S.ミルの自伝。ミル、いいよね。オンリバ(巷では『自由論』とも言うらしい)の第2章は全人類読め。答案で表現の自由の重要性を薄っぺらく書く受験生、読め。ミル=他者危害原理と習った人たち、読め。そこにすべてが書いてある。このブログの基本スタンスもそれである。

寛容。いい響きである。そして良い言葉だ。ただ果たしてこの本がどこまで寛容について説いているのか僕は知らない。なぜなら寛容との言葉だけで購入し、未だ読んでいないからだ。すまないヴォルテールよ。

実務において絶大な信頼を誇るセラピー界の決定版。この本さえ読めばすぐに家族、友人、恋人、はたまた道行く幼稚園児から老人までのセラピーが可能となる一品。若干自分語りが多い気もするがそこにこそ「味」がある。理解を補強するものとして『マイメロディマイメロセラピー』も全話聞くことを強く参照する。

なお、「セラピー」とあることからもわかる通り、お悩み相談などの軽いものではなく、投稿者は全員現代医学では完治不能な「闇」を抱えている(単なるメンヘラ御用達ラジオ番組だろ)

一般書関係

米澤穂信先生の1冊。米澤先生を簡単に紹介するとミステリー作家でよく何かしらの賞を受賞したりノミネートしたりしてる。アニメ『氷菓』の原作もこの人。日常系ミステリーがおおくてすこ。

話は逸れるが、本って第一印象がめちゃくちゃ大事だと思う。こういうタイトルエモいエモいになってると買ってしまう。しかも80円ならなおさら。

これは一昨年?くらいにこれでもかと宣伝されていた本。またまた男子高校生二人組が謎解きをするらしい。わちの高校時代の謎といえば数学教師のJCわいせつ事件が有罪か無罪かくらいであったからこういう高校生活がうらやましくもあったりなかったりする。

TwitterのFF(ファイナルファンタジーではない)の方が紹介していたから買った本。ちゃんと大学卒業までに読んだ。めっちゃいい本。おかげで伊坂幸太郎好きになった。

あらすじは大学生4人組が4年間でいろいろやったね!みたいなことをするお話。若干だけSF入ってるのがまたいい。伊坂幸太郎の若干のくささのあるセリフとかが良い味を出している。大学舞台ってあんまないからそういう意味でも貴重。残念なところは随所で恋愛やらのろけが出るところ(けっ!けっ!)。西嶋、すこすこのすこ。

厚めの本。それ以外一切の情報を知らない。すまん。伊坂先生よ。

薄めの本。それ以外一切の情報を知らない。すまん。伊坂先生よ。

ソクラテス。それはロー生誰しもが一度は考える夢の出来事。

「でも先生の説だと、○○の事例、どうするんですか?」クラスメイト誰もが啞然とした。そう。彼はローで最も厳しいとされる教授のソクラテス中に『逆ソクラテス』をしたのだった。教授も驚いているようだが、さすがは日本を代表する学者だ。すぐに立て直す「その場合は、ここを××と解釈すれば、、よろしいんですよ?」どうだといわんばかりの目。その目はクラスを俯瞰しているように見え、ただ一点、あずめろの顔を見ていた。しかしあずめろの目は、笑っていた―。

とロー生なら他人のソクラテス中に誰もが妄想しますよね?その、『逆ソクラテス』です。

え?わかりにくい?

校舎にテロリストが入ってき攻撃をしてきた際に「-ッ!みんな!伏せろ―!!」と叫びクラスメイトを助けるために隠してた能力を発揮してテロリストを撃退「あ、ありがとう!あずめろくん!」と言われるのもつかの間渋い顔と声で「-まずいな。まだ、、来る!!」とささやきテロリストと交戦していく、そんな誰もが授業中に行う妄想に似ているということですよ。

京都に、京大に住む以上は読んではおかなければならない一冊。読んでわかったが、自分はあまり森見登美彦作品が得意ではない。でも、京大生ならおもろいと感じるよね、と思った。それだけ。

今度映画もやるし、まあ読むかって感じ。すまないがあまり森見登美彦作品は得意ではないので、まだ読んでいないといえば読んでいない。アニメは面白かった。

森見登美彦作品なのに絵がいつものあれじゃないではないか、と思い購入。アニメにもなっていないし、これは一読の価値あり。と思いつつも読めていない。悲しいかな、これがロースクールなんですよ。

森見登美彦作品以外で京大生が必ず読まなければならないのがこの一冊(らしい)。私の家のすぐ近くにも、この鴨川が流れているわけで、そうだとすれば読まなくてはなるまい。と思ったが、まだ読めていない。許すまじロースクール

タイトル言い得て妙な本。小説にしては重い。「多様性」とは、であるが、これを読み「ハッとした」「重要性を学んだ」等と軽い感想を言うのはそれこそ失礼なのかもしれない。

本は中身が命なのにもかかわらず第一印象が死ぬほど大事である。思えば、本も、Youtubeも、そしてこのブログも、みな中身を見てほしいのにもかかわらずタイトルで視聴数が決まってしまう。きっと人間もそうなのであろう()。

「正」欲というタイトルのインパクト。真青な背景に鳥が一羽。こんなにも目を引く本があるだろうか。さすがわ朝井リョウ、さすがわ新潮社。どういう本が売れるかわかっていやがる。

夜、ただ歩くという、今から始めれば間違いなく炎上不可避なイベントで青春を謳歌する高校生の男女のお話。物語自体は面白いし、いかにも青春小説の金字塔なのだが、いかんせん、読むのが遅すぎた。既に読者はロー生。あろうことか高校時代の青春の匂いなど忘れてしまった。かなしい。これほど悲しいことがあるか。かつて経験したかけがえのない日々が、実感できない、なのに体験した記憶/事実だけが残る。

かなしいなぁ。。みつを

絶賛読んでいる最中。なぜこんなにも読むのが遅いのかといえばロースクールの重みと、この本が持つ重みが関係している。小説はひと時の休息なのに、この本はその休息の中ですらロースクールを押し付けてくるのだ。恐怖の授業、京大はそんなことさらさらないのだが、やはりアメリカの、とくにHLSのそれはけた違いのようだ。そういうわけでこの本の感想はまた別記事で。

ひみつの京都。それを堪能するのが学生時代描いていたロースクール生活であった。しかしいまはどうであろうか。予習に翻弄され、コロナウイルスに感染し、おまけに「いつでも行けるから今日じゃなくていいや」の言い訳の毎日。すまん。学部時代の俺よ。京都に「馴染んで」しまった。

そのはざま関係

有名裁判官岡口基一さんによる告発本?のようなもの。最近はやり。権力の歯止めとしての組織も結局は「権力」になるよねって感想。まあしゃーない。関係ないけど最高裁のこの建物デザインめっちゃいいよね。生で見るとほんとかっちょええ///ってなります。

こちらは元最高裁裁判官執筆の本。まだ読んでない。いろんな有名事件(ロッキード事件や、愛媛玉串、ノンフィクション逆転事件などなど)の際に、最高裁判事がどのように考えたのか、何を考えたのか、がわかりそうな本。面白そう。。

古本市で買った本。こういう思いがけない本があるから本は現場で見るに限りますね。「戦前の法曹界」は最近のマイブーム。中身を見ると人権派弁護士が戦前でも活躍しているのがよくわかる。よく考えれば例えば戦前=全体主義=冤罪OKとはならないわけで、戦争が常だった時代でも冤罪は冤罪、消費者は消費者と、実は今と変わらない根底がそこにはあったんだと認識させられる。ただし、記述のいたるところで「お国のため」「総力戦」などの不穏ワードが出てくるので、そのギャップが面白い。実は『法律家たちの八月十五日』とかも気になっている。

みんな大好き銀河英雄伝説、を政治学的?に書いた本。若手政治学者が書いたらしい。銀英伝が好きな人、だいたい政体論が好きになるのでその手の本を初学者目線で書いてあるのは貴重でありがたい。しかもこんな本出るくらいの政治系小説(アニメ)なんだよ!見よ!と勧められるので余計にうれしい。全人類、銀英伝を見よ(amazon primeで見れるぞ。)もちろんOVA版だ。

ゼミの先生の単著。一般人向けに書かれた本。これもあとがきが面白い。誰かが言ってたけど、教授とかと深く接すると神と思しき人でさえ人間らしい一面が見えてめっちゃほっこりするんですよね。はしがきあとがきを読むと余計にですよ。今回もほっこり(●´ω`●)

新書あるある「○○とは何か」シリーズ。そして私はこいつの存在をついぞ知らなかった。いったいいつ買ったのか、そもそも買ったものなのか、どこで、なぜ。すべてが謎に包まれている。きっと過去の自分が未来の自分にあてた一冊なのであろう。もしかしてウクライナ問題を予測していた?

法哲学を面白く説明する一般書。法哲、おもろいけど結局なんやねん!となりがち。でもおもろいから読んでしまいがち。少し専門的になると途端にわけわからなくなりがち。とりあえずH.L.Aハートとかドウォーキンとかラズとかいいがち。ラズ先生、お亡くなりになってしまいましたね。合掌。。。

法哲学の大家井上達夫先生の一般書。コロナでうなされている時に勝手に買っていた。おい、もう一人の僕、これ以上積本を増やさないでくれ・・・僕はリベラリストでありながら他人がリベラリズムを語るのが嫌いな最悪な人間なので当然リベラルもリベラリズムも嫌いなのだが、果たしてこの題意の意味とは、である()。

おわりに

計49冊である。たぶん10万円分くらい?でも中古で買った本が山ほどあるからもっと安いか?

とにかくこれにて買った本の供養完了である。

さていつの日か『「読んだ」本をさらそう』ができることを祈るばかりである。

 

 

ではでは。

 

 

 

(p_-)

三.京大ロー生徒然日記 GWが10日伸びたの巻

時はGW終盤、5/7。日本人の誰もが明後日から始まる会社/授業を嘆いていた。ロー生のあずめろももちろんその一人だ。

あずめろ「あーあ。GW終わるのになんも勉強してねぇわ。民法の予習わけわからんし、民実は毎週鬼のように重い課題出すし。なんなんこれ。もういいや。昼寝しよ。」

...zzz

??「・・・らが、欲しいか?」

あずめろ「??あんだって?」

??「ちからが、ほしいか?」

あ「え?ちから?ちからいらんから休みくれや。やすみ。」

??「『やすみ』、か。ならばくれてやろう。その代わり、代償が伴うぞ?」

あ「(代償??一生彼女できんとかか?GW延長の方がどう考えても重要やろ。)ええで!」

??「ほう。ではくれてやろう。今からさらに10日間の『やすみ』を!」

看護婦「あーあずめろさんね。陽性です。はい陽性。うん。陽性ね。そう。感染しちゃったの。うん。これから保健所に連絡するので、いつか連絡が来ますから。でも今日なのか3日後なのか1週間後なのかはわかりません。今は体調大丈夫なのね?はい。それではお大事に。はーい」

ということで皆さんどうも。悪魔と契約しGWを10日伸ばしてもらったあずめろです。なぜかその後2日間ほど死にかけ、今も若干の頭痛があります、が殆ど回復しました。GW伸ばした意味はなかったですね。

うん、まあつまりは、コロナ、罹りました(^_-)-☆

ウクライナ問題がメディアで報道されるようになってからコロナが報道されなくなったので、てっきりコロナウイルスはなくなったのだと思っていましたが、どうもあったようですね。

しかも私はコロナはただの風邪だと思っていたので(ワクチンは当然DSによる攻撃)その点でも意外でした。

azumerogohan.hatenablog.com

そんなわけで、結構死にかけたり、ロー生ならではの大変さもあったりなので、この辺を今日は書こうかなとか思ったりしてます。

5月7日

昼寝して悪魔契約してから急にせき込み始めました。「悪魔のやろー絶対ゆるさねぇww」(陰キャ特有の謎イキリ)と思いながらも、これ、ワンちゃん(コロナ説)あるなと思い自習室行きを急きょ中止。なぜならGW明けからは司法試験&予備試験が始まるということでかなーり重要な時期だからですね。こんな時に移させてでもしたら死刑です。刑法類推適用です。

それにしても、感染経路が分かんないですね。いやはや。全くわからない。

うーん。

なんでだろう。

全く見当つかない。

少し遊びすぎちゃいました(●^o^●)

ということで、まあやばいか?とか思いつつも勉強したり買い物したりして就寝。

ちなみに7日夜にはこれまじであかんかも、と思いいちおう親に報告。

8日

AM5時ごろにおめめパチリ。「あ、死んだ。いや、まだ死んでないか。でもこれあかんわ。ほんまに。」

と思いながら起床。この時点でほぼほぼコロナだと思い再度親に連絡。

この時の体温はわかんなかったけど、のどの痛み(咳はあんま出ない)、痰、ひどい頭痛、倦怠感、くらいな感じ。味覚/嗅覚障害は一貫してこの後も現れず。この味覚障害が出なかったから、ほんとにコロナか?と最後まで疑ってました。

京都市のなんちゃらかんちゃらに電話

で、ひとまずPCR検査かと思い、「きょうと新型コロナ医療相談センター」に電話。

www.pref.kyoto.jp

ここでは簡単なチェック(どんな症状か)と今PCR検査ができる病院がどこにあるかを教えてくれたりします。コロナか?と思ったらここに電話すると結構安心かも。

で、僕の場合は最悪なことにGW最終日かつ日曜日ということでほぼ病院はやっておらず、一番近い病院が今出川のところ・・・

ということでぐっすりすやすやタイムへ移行。とにかく寝れば大丈夫っしょ!卍の精神で乗り切ろうとしたわけです(実際この時は症状が重めの熱って感じで別段コロナっぽいとかは思いませんでした。)

熱せん妄が出ちゃいました(´;ω;`)

AM9時ごろにガバッと起きて急いで外(共用部分の廊下)へ。なんで飛び降りなければならないの!と思いながら2階から半身を投げ出したところで意識が戻って危機回避。。。そう!なんと熱せん妄が出てしまったんですねぇ。

こんなイメージ。もちろん顔は泣きそう。
熱せん妄とは

みなさん子供の頃、風邪引くと怖い夢見たりしなかったですか?で、その延長で勝手に歩いてたみたいな経験ないですかね??結構子どもの場合は多いらしいんですが、僕の場合は簡単に言うとそれが大人で強化された感じです。熱せん妄-改―みたいな感じ(伝われ)。で、まあせっかくの機会?なのでこれについて少し書いておこうと思います。というのも結構怖い+結構面白いからですね。

doctors-me.com

一般的な症状は幻聴とか幻覚とか異常行動みたいな感じらしいですね。

わかりやすく言うと、皆さん今でも熱の時はいわゆる「悪夢」見たりすると思うんですけど(インフルエンザとかだとより重い)、それって起きたときに終わるじゃないですか。で、心臓だけバクバクしてる、みたいな。ところがこの熱せん妄は起きても緩和されているだけで終わらなくて、半分?心神喪失状態でそのまま一定時間(現実世界で)動くってところに特徴があるんですね。単純にいわゆる「悪夢」の終了が起床をキーにしているわけではなくて、起床後の一定時間の経過(or特定の現象の発生)が終了のキーになると。実はインフルエンザの薬のタミフルとかで問題になったんですが、僕は何もなくてもなるので完全上位互換ですね。

www.asahi.com

※一般的な悪夢のイメージ

 

それで具体的にどんな症状なの?と言われると、まずすごい不安感に押しつぶされる感じなんですね。これは怖い夢見て起きたときとほとんど同じだと考えてもらえればよくて、起きたときに「なんかめっちゃ怖い(ノД`)・゜・。」になるのと同値です。

ただ、僕の場合はこれが起きた時までで、そこからさらに「死ななきゃいけないんだッ!」ってなるんですね。ここが結構怖くておもろいところで、なぜか「死ななきゃならない」と思い、死にそうな行動しちゃうんですね。

で、さらにおもろいのがこの時に必ず「なんで死ななきゃならないんだろう(死にたくない!)」と思いながら自死行動に移るんですね。不思議ですよね。別に誰に命令されたわけでもなく、まして自分が動かしてる体なのに。断じて「死にたい」と思って行動に移るわけじゃあないんですよね。上に書いた「なんで飛び降りなければならないの!と思いながら」ってのはそういう意味。だれも強制してないよ、あずめろくん。

というわけで、結果として半泣きになり嫌だ嫌だといいながら身投げしようとする限界ロー生が出来上がるわけですね(客観的に書くとほんとにやばいやつで草)。

イメージ図

解除条件はなにかというと、僕の場合は一つは「光に一定期間浴びる」というものです。前世吸血鬼かなんかだったんか?とツッコミを受けそうですが、まぁこれが条件なんだからしゃーないですよね。たぶん単純にまぶしくて正常に戻るんですかね?

今回も半身外に出したところでなんか正気に戻ったのは、外で太陽に浴びたからだったのかもしれません。太陽万歳!!

イメージ図
ってなんでそんな詳しく書けるわけ?

で!!で、ですよ。ここまで読んで、ある疑問が浮かびませんか。。。そう!「なんでこいつそんなおぼえてるんや?」なんですよ。ここがひじょーに面白い。

上記異常行動中、なななんと記憶・意識がちゃんとあるんですね。自死行動してんのに、それをきちんと把握してるんですね。もちろん朦朧としているわけなんですが、ちゃんと認知してる。ほんとに自分の体と意識が分離してるんですね。

イメージ図

さながら「・・・シテ・・・コロシテ・・・」のあの体験ができるんですよね。まあ状況としては「・・・ナイデ・・・シナナイデ・・・」なんですけど。dic.nicovideo.jp

これめっっちゃ面白くないですか?漫画とかでも、敵に乗っ取られた味方を攻撃したらまだ精神は残ってて攻撃をためらう、みたいな状況あると思うんですけどそれなんですよ(伝われ)。不謹慎ですけど、心神喪失状態とかってこんな感じなんかなぁとか思うんですよね。あれならそりゃ心神喪失は罰せませんよ。むりぽ。

で、この精神と肉体の分離の状態中に当然肉体側(以下「もう一人の僕」)は死のうとするわけなんですが(もう一人の僕極度のメンヘラか?)、当然精神状態としては嫌だ嫌だと抵抗するわけ。で、基本は勝てないんですが、「ほんとに死ぬ!」って時になるとそこで正気に戻る(厳密には結構正気ではあるので僕がもう一人の僕に勝つ)。「光に浴びる」以外の解除条件は「ほんとに死にそうになる」なんですよね。心神喪失状態でも結局意識?理性?ってあるんだぁと感心します。

で、まあめちゃくちゃゼーハー言いながら勝利のポーズするわけですね。

勝利のポーズ

ちなみに過去の覚えてる限りでは「水の入ったコップを水を飲まずにコップだけ飲めなかったから死ななきゃいけない」ってのが断トツで面白いです。マジで意味わかんなすぎて笑えるんですよね。ほんとに頭おかしいんか?と不安になります(オタク特有のマジつらい(笑)イキリ)。

と、こういうわけで無事もう一人の僕に勝利して事なきを得たわけですね。

大事なこと言い忘れてましたが、この熱せん妄はめちゃくちゃ重い病気(インフルエンザとかおたふくかぜとか)の時にしかでないので、この症状が出た時点で新型コロナウイルス罹患確定演出になったわけです。

みんなも、気を付けてね!

その後は爆睡しました。

その後は爆睡しました。

こくぽよとみんぽよとけいぽよに欠席連絡をいれて、ね。

あと濃厚接触者の友達にも連絡。。。

9日

起床。ymki先生のzoom案内を無視していることに気づきなえる。

体温37.7。のどめっちゃ痛い+めっちゃ頭痛+痰たくさん、みたいな症状。たぶんコロナって2,3日目が一番つらいんだろうなぁと思います。

さすがに今日はPCR検査受けなきゃなぁと思い近くの病院で予約。慣れてる感じでてきぱき診察と検査してくれました。所要時間は15分ほど。問診で市販の風邪薬でいいっすよといわれたのでそんなもんかと思い終了。

ありがてぇ。ちなみに僕だけ明らかに死にそうだったのでこれコロナだろなぁと再確認。

www.takedahp.or.jp

その後は再度爆睡。明日の授業欠席連絡も。

10日

結構回復しながら起床。

体温37.5。のどの痛み改善(話せる)、頭痛改善、代わりに鼻水が出始める。それ以外はほぼ問題なし。

AM9時に病院から連絡。おばちゃんが「はい陽性ねー。はいー」みたいな謎のテンションだったのが気になりつつもやっと確証を得て満足。

諸連絡

で!ここからがロー生のつらいところというか感染者のつらいところで、当然関係各所に連絡。

 

まず濃厚接触者の友人に連絡して授業をオンラインで受けるようにしてくれできるなら無症状PCR検査受けてくれとの連絡。プラスして咳が近いクラスメイトにも連絡。これらが多分一番重要で、とにかく感染拡大が最も恐れるべき問題なので迅速に。罹ったかな?と思ったら症状が出たときより2日前から会った人には連絡したほうが良いでしょう。

それから大学の教務課にも連絡。こちらはすぐに返信があり、京大のフォーマット(かなり書きづらい)記入+状況説明。濃厚接触者がいることもちゃんと説明。

さらに担当教授にコロナウイルスに罹患したこと+そのためこれから(これまで)の欠席が「病気又はその他やむを得ない事由」に当たる旨を説明。ここはちゃんとやらないといけません。というのもロー生は出席要件(4回以上の欠席で単位取得不可)の元、3回までは「病気又はその他やむを得ない事由」の理由に欠席扱いにならない「欠席」になるからです(なんで不可避事由に回数制限あんだよ!)。といっても先生方いずれも優しいので一言いえば問題ないんだと思います。僕の場合はGWを延長している社会不適合者+司法試験受けに行ってるやつ+予備試験前にずる休みしているやつ、という3重の疑惑を掛けられそうだったので丁寧に説明しました。ちなみにメアドがわかんないと積むので、きちんと便覧とその中にある黄色のメアドリストは家に置いておきましょう()。あとymki先生はメアドを公開していませんが、PandAからメアドが分かります。

で加えて今週zoomで授業出るのも無理やな、となり友達に授業の録音を依頼。友人の優しさにおよょ。。。(´;ω;`)

 

以上で初連絡も終了。ここまででかなーり体力使うので大変です。ほんとに。

11日

体温36.6。のどの痛みなし+頭痛なし+痰時々出る、ぐらいまで回復。もうここまで来たら欠席の理由がコロナウイルスなのか五月病なのかわかりません。

とだらけながらも授業聞く気はおきないのでお布団でゴロゴロ。この時間のために生きているといっても過言ではない。

風邪の時ひまじゃね?

で、当然ベットでできることなんてスマホしかないので、人生で最も無駄な時間を過ごすわけで、特にYoutubeなんていう人類の時間を吸い取り巨大化するプラットフォームに熱中するわけです。

で、あんまり画が激しいとクラクラするので僕の大大大好きな『バキバキ童貞チャンネル』を見直していたわけですね。と、そうするとある動画に気づきます。

youtu.be

youtu.be

めちゃくちゃおもろい。さすがバキ童。が今回は内容ではなく、それよりもこの「考察」そのものに興味が移りがなんとなく気になり元ネタの『もっちー先生チャンネル』へ。

youtu.be

で、これがバカおもろいんですよね。落ち着いた声、理路整然とした考察、視聴者目線の解説順序「これ、しゅごい、、、///」となりました。

どれくらいすごいかというと僕は一切ワンピースを知らないのですが、それでもおもろいです。最近「象主」とかいて「ズニーシャ」と読むことを学びました。でもズニーシャがなんなのか全くわかりません。あと「二カ=ナミ」らしいです。二カもナミも知りませんがまあなんかすごいらしいです。

しかもこの考察方法、きちんと文言解釈や目的論的解釈とかしてて法律解釈っぽいんですよね。これまじおもろ、、、と思いめちゃくちゃ見ました。

 

と、あらかた面白そうなのを見て「え、もう夜じゃん」とかGW初日の反応をして、ご飯食べて、なんか他ないかな?とか思ったら、バキ童が示唆しているじゃないですか。『ちいかわ(なんか小さくてかわいいやつ)』ですよ。これだ!と思い、ひとまず再度全話見直し、橋本(ちいかわのことね)がいかに無能か再確認したところで5chとかのいわゆる『ちいかわ考察スレ』とか『ちい虐スレ』とかでまた暇をつぶしました。

ちいかわ、今覇権を握っているのでぜひ見てみると良いでしょう。ちいかわ構文使うだけでクラスの人気者か嫌われ者になれます。

manga-matome.net

ちい虐スレの一例

0016 すてきななまえをつけてね。 2021/02/25 19:28:26
私は可愛いものが大好きでちいかわもすぐに好きになりました 
しかし読んでいるとかわいいという感情と同時に、殴りたい、虐めたいというドス黒い感情が湧き上がってくるのです 
これまでいろんな可愛いキャラクターを好きになりましたがこんなことは初めてで、最初はすごく戸惑いました 
調べてみると可愛いものを虐めたいという感情をキュートアグレッションと呼ぶらしく、心理学として立証されているらしいですね 
最近は毎日等身大のちいかわを目の前にイメージして、お腹に針を刺したりして遊んでます 
もし同じ悩みを持たれてる方がいたら、あなただけではないと言ってあげたいです

 

0017 すてきななまえをつけてね。 2021/02/25 21:24:34
上のは善意で書いてるんだろうと思うけどスカ振りもいい所としか言いようがない 
見かけが可愛いから虐めたいなんて奴の頭は理解できん 
それならハチワレの方が可愛いし健気で元気でいい子だから虐める奴が多い筈なのに何故か白いのだけが言われてるよね? 
「何一つ足りてないのに一丁前に出しゃ張るのがイライラさせてる」ここを理解しないと誰一人助けられないぞ

虐待理由でレスバするんか・・・と、まあこんな感じで暇をつぶし、翌朝5時になっていることにビビったりして過ごしてました。

5/13(現在)

おかげさまでほとんど普通になりました。皆様本当にありがとうございました。ご迷惑おかけいたしました。僕に迷惑を掛けられた方、焼肉債権が発生しているのでいつでも行使してください。その際にはきちんと要件事実に則って主張立証することをお願いします。3ページ以内でね。

ちなみに症状で良くないのは咳が出るところ。でもこれも苦しい感じじゃなくて、動いたりすると時々出る感じ。たぶん肺が死んでいるのでしょう。

 

で、こうなると当然課題とか今週の授業とか来週の予習とかをしなければならないわけで、「あぁ、コロナは僕を『休ませて』くれたんだぁ」とか思うんですよね。

 

うぅ。。。勉強します。。。

ということで今日はこの辺で。

予備受ける方々頑張ってください。司法試験受けてる先輩方頑張ってください(; ・`д・´)

 

ではでは

 

(ノД`)・゜・。

 

(これ京大ローになにか関係ある記事なのか?)

 

 

 

 

23.「浅倉秋成」のすすめ。

さて、本日もやってきました○○のシリーズ第1回目。今回は私の大大大好きな作者「浅倉秋成」さんのご紹介です!

 

 

え?そもそも○○シリーズって何?だって?

それはもちろん、あずめろがいろんな○○を紹介するだけのシリーズですよ?知らないんですか??

4月の間は自主学習をしないことに決めているあずめろが暇で暇でしょうがない一人暮らし(深夜)をつまるものにさせるために始めたんですよ?これ刑法199条くらい知名度高いですから。ね!

 

ということで、どうもあずめろです。茶番は置いといて、今回はだいすこ小説浅倉秋成さんのご紹介をします。ネタバレは含まないので、これを機会にぜひ一度買って読んでみてみてください。

浅倉秋成って?

ミステリー小説作家さん!

ちなみに浅倉先生の気になる出身大学、彼女さんの有無は??

 

まだわからないようですね。でも知的な風貌の方なのできっと有名大学を出て、すてきな彼女さんがいるでしょう!

 

どうでしたか?これからも注目な朝倉秋成先生をぜひ注目です!!!

 

 

 

 

 

とまあ無能まとめサイトのまねは置いといて、まあ作者自身はあんまり知らないですね。一度講演会みたいなのを聞いたんですけど、結構フランクそうな方でした。別段それ以上の情報はありません(冷たい言い方ではなく本当に知らない)

改めてきちんと言うと、小説作家です。顔とかは検索すればいいのでその辺見てあげてください(なお僕の大学の後輩にそっくりだと思ってます)。

と、ここまで書いて作者を紹介するって(特に)失礼じゃないか?と思ったので、作者自身の説明はここまでとします。

作品

メインは長編小説。今のところ6作品かな?

+して雑誌とかの短編小説が何本か。

さらに+して、『ショーハショーテン!』 原作:浅倉秋成 漫画:小畑 健として、漫画も出してます。

jumpsq.shueisha.co.jp

作風

さて、ここから僕個人の感想が始まるわけですが、正直どこまで書いていいのかわからないので、、、書けるところまで書いておきます(どうせ見るの身内だし)。

作品はだいたいミステリー+若干超能力系って感じ。時々恋愛+ギャグも。まあメインはミステリーでしょう。

で、このミステリーって言っても、浅倉先生のは日常生活に潜むミステリーみたいな色が強い感じがします。日常で「ちょっと不思議な」とか、「え?なんかおかしくない?」みたいな感じ。別に某探偵コナンみたいに本格派ミステリーてな感じではない。

個人的にはこういうSF寄りでも純ミステリーでもない感じが好きなので、かなりこの時点で好き。米澤穂信先生の『氷菓みたいなのが好きな方は(まあ結構作風違うんですけど)合うんじゃないかな?とか思います。

 

ではどこに作風の特色があるかと言えば、売りにしてるのは「伏線」の多さと回収レベルの高さ。要するに伏線たくさんあってハラハラドキドキします!最後まで見続けたい!見たいな感じ。

実際、処女作の『ノワール・レヴナント』とか、かなりの伏線が緻密におかれていて、しかもその伏線自体もメインどころとして活躍しておきながら、後々影響してくるみたいな感じで結構「あー!これか!」てな感じになります。

「伏線の狙撃手」ってキャッチコピーもついているので、伏線回収力の高さみたいなのはかなり評価されています。

なので、単純に小説の起承転結がはっきりしているので小説あんま読まないなみたいな人でも十分楽しめますね。むしろ小説の楽しさがわかるタイプの作者なんだと思います。

 

で、では個人的にはどう思うかというと、

 

この人陰キャだったのか??

 

って思う作風だと思ってます。これ、けなしているのでも、馬鹿にしているのでもなく、心底まじめな感想です。もちろんいい意味です。

作風、特に結末がすこしひねくれているというか、そんな感じ。決してバッドエンドではない。伏線が全部回収されるし、話のまとまり感、読了感はすごいある。

でも、なんか後味がすっきりしないな・・・みたいな。『ノワール・レヴナント』しかり最新作『六人の嘘つきな大学生』しかり。最後らへんに、普通?の作者ならあんまり書かないような場面を書いたり、結末に置いたりして「すこーし(ほんとに少し)」だけ、現実味を覚えさせて終わっていくみたいな。

で、これを上手く表そうとすると、作者陰キャだったか?と思うわけです。

僕も(「も」なのかは知らないが)陰キャなので、なんとなく人の見方とか、クラスとか、個人/集団みたいなものへのうがった見方があるわけですが、その見方を作風にしてる感じがします。

皆さんの中にも、集団になると一歩距離を引いて物事見るやつ多くないですか?体育祭がんばってるやつを陰で笑うとはいかないまでも、なんとなく横目で見ちゃうみたいな。井坂幸太郎『砂漠』の中で、「近視か鳥瞰か」って話題が出るんですけど、まさにこの鳥瞰的な視点を作風に取り入れてる(というのかにじみ出ている)感じです。

で、なにが良いって、この陰キャ視点を持ってる側からみると、なんか逆に心が晴れやかになる。普通の作品だと「こいつこんないいやつか?美的すぎないか?」とか思うけど、浅倉先生の作品だと(別に全部ではないが)結構「あー。やっぱこういうとこあるよね。まあそやよね」と、なんだか自分の見方が肯定されているというか、同じ視点を共有してる、感じになるんですよね。聖人君主なんていないやん。みたいな。

なので、陰キャだと思っている皆さん(僕のブログ見ている時点で、陰キャですよ)ぜひ下記のおすすめ本から、せめて1冊は買ってください読んでください感想教えてください。

 

ちなみに『フラッガーの方程式』や『失恋の準備をお願いします(改題前:失恋覚悟のラウンドアバウト)』はあきらかにギャグよりに寄っているのでこんなうがった見方はあんまり出てないけど、でもこれはこれで陰キャの恋愛観みたいなのが出てるから結構面白い。しかも伏線はしっかり回収してくれるので、単純に浅倉秋成色は出てる感じ。

最近話題なんですよ?

さて、ここまで書いてましたが、もしかしたら多くの人は「でも知らんし・・・」ってなるかもしれません。

ですが、なんと浅倉秋成先生の『六人の嘘つきな大学生』は、ななななんと!

本屋大賞ノミネート作品でもあるんですね。

www.hontai.or.jp

受賞はしなかったけれども。。。まあノミネートされるってことは一般人も面白いと思ってるってことやね!

 

しかも!この作品今度舞台になります

stage.dmm.com

 

しししかも!この作品、今度映画化もします。

は?死(情報過多)。

 

他にも結構多くの賞のノミネート作品に挙がっているので、まさに今話題沸騰中、出版社も売り出し中の作家です。どう?興味出てきた?

なぜ「今」の紹介なのか

こういうわけで絶賛話題の朝倉秋成先生。ではなぜこんな紹介文を出したいかと言えば

一つにはもちろん最近話題だから。でももう一つ、大きいのがあります。それは

 

古参ぶりたいじゃん?

 

悲しいかな。人間は欲には勝てないんだね。昔から好きな作者が有名になると、うれしいと同時にジェラシーを感じ、そして新規参入者をけなし、古参で固まるようになる・・・ところまではいきませんが、まあ「わち最初期から知ってたが(●´ω`●)」といたいわけですね。そんなけです。

で、もう一つ言いたくてうずうずしてることがあって・・・

 

私、サイン本持ってます

 

名前載せれないのは許してね

あー。神。すき。

ということで、自慢は終了です。こんなに好きなら面白いのかな?と、思ってくださった方、ぜひ買ってください読んでください感想聞かせてください!

作品紹介

ご存知の方もいるかもしれませんが僕はあんまり順位付けとかおすすめ度とかつけるの好きじゃないので、あくまで各作品の感想を・・・。

※今回は長編小説に限っています。

ノワール・レヴナント (2012年)

www.amazon.co.jp

他人の背中にその人の「幸福度」が見えてしまう。本の背を指でなぞっただけで中身を記憶してしまう。毎朝5つだけ、今日聞くことになるセリフを予言してしまう。念じることで触れたものを破壊してしまう。そんな奇妙な能力を持ってしまった4人の高校生が、何者かの導きで出会った時、すべての“偶然”が“必然”だったことに気づく。
張り巡らされた伏線、それらがすべて回収された時、あなたは驚きとともに爽やかな感動に包まれる!(amazonより(以下同じ))

浅倉先生のデビュー作にして一番の長編作品。デビュー作だからか伏線の量も多く、しかもそれが最後にどんどん回収されていく爽快感・満足感がある。作品、作者の緻密さが分かってかなりおすすめ。話も(確か)作中5日間の出来事のため疾走感あるし、しかも謎が結構謎。たぶん考えが及ばない一方で少しダークというかディープ。個人的には謎解きの合間の4人の独白(特に某)や雑談に魅力もあり、文量を忘れて終始楽しめる作品。既に浅倉先生を知ってる人、知ってない人、今知った人、いつかは必ず読んでほしい。(ちなみに僕がこれを初めて読んだのは中学1年なので、相当月日が流れております・・・(有名になってうれしい(●´ω`●)))

フラッガーの方程式(2013年)

www.amazon.co.jp

「深夜アニメの主人公のようなドラマティックな人生にしてみませんか?」何気ない行動を「フラグ」として認識し、平凡な日常をドラマに変えてしまう“フラッガーシステム”。そのデバッグテストに選ばれた平凡な高校生・東條涼一の生活は激変! やがてフラッガーシステムは、憧れの佐藤佳子さんとの「ある意味」感動的なラストへ向けて、涼一が思いもよらない暴走をはじめる!

デビュー作とは一転変わってかなりラブコメ寄りの作品。しかし侮るなかれ伏線はきちんと張られ、最後にはきちんと回収される。かなり笑える作品なので、硬い作品はなぁって人にもおすすめ。恋愛感というか、設定が結構コアなので特にアニメとかのサブラル好き(少なくともそういう「ノリ」「定番」)を知っている方は特にはまるかも。

村田、僕は大好きです。

失恋の準備をお願いします(改題前:失恋覚悟のラウンドアバウト)(2016年)

www.amazon.co.jp

「あなたとはお付き合いできません―わたし実は、魔法使いだから」告白を断るため、魔法使いだと嘘をついてしまった女子高生。しかし彼は、人間界と魔法界を超える愛を誓ってくれてしまい……?
フリたい私とめげない彼。恋と嘘とが絡みあい、やがて大きな渦となる!
ささやかで切実な恋物語は、大事件の予兆だった。ぐるぐる回る、伏線だらけの恋物語!

上2作品から3年後に出版。待ちに待ったラブコメ路線の第2段。こちらは『フラッガーの方程式』と違って複数人の話が並列するストーリーが最後、一つの話に収束するタイプの伏線回収作品。あらすじの通りかなりフランクで、しかも浅倉先生作品の中では短めの作品なので、初めての人にもおすすめかも。

教室が、ひとりになるまで(2019年)

www.amazon.co.jp

私立北楓高校で起きた生徒の連続自殺。ひとりは学校のトイレで首を吊り、ふたりは校舎から飛び降りた。
「私は教室で大きな声を出しすぎました。調律される必要があります」という、同じ文言の遺書を認めて。
垣内友弘にとって三人の死は疑いようもなく自殺――のはずだった。白瀬美月の言葉を聞くまでは。
「三人とも自殺なんかじゃない。みんなあいつに殺されたの」
最高のクラスで、何故『自殺』は起きたのか。『犯人』の目的は何なのか。

またまた3年の時を置いて発表されたこの作品。今度は一転、かなりの本格ミステリーに(ラブコメ路線で行くのか?と若干不安に思っていましたが杞憂でした)。大まかな設定は、流行りというか、最近の高校生+学校+ミステリー(人が死ぬ)ってな感じ。しかし、しかし、作品の詳細な設定、表現、話づくりはまさに浅倉先生ならではのもの。特に高校を舞台にしたこともあって「陰キャ色」がかなり色濃く出ている。本格ミステリーが好きな人には特におすすめ。

九度目の十八歳を迎えた君と(2019年)

www.amazon.co.jp

通勤途中のホームで僕は、高校の同級生の姿を目撃する。あの十八歳の時の姿の彼女を――。僕が卒業してからもずっと十八歳のまま高校に通っているという。周囲も不思議とは感じないらしいが、彼女に恋した僕だけが違和感を拭えない。何が彼女をその姿に止めているのだろう? 最初の高校三年生の日々の中にその原因があるはず、そう推理した僕は同級生たちや恩師のもとを訪ねる。『教室が、ひとりになるまで』で注目の俊英が贈る、追憶と青春のミステリ。

かー!!!!

タイトルが良すぎる!

なんですか、このタイトル。えもえものえもですよ。この時点で名作は決まっています。お話は「遅れた青春」ってな感じで、主人公はもう社会人なのに、ヒロインは高校生(同級生)という設定からあまり覚えのない作品。なのでさっき見たいな本格ミステリーな感じではなく、デビュー作に若干近い、日常系ミステリーな感じ。なお、えもい。えもえもである(大事なので2回目)。あんまりダークさがないので、浅倉先生の作風で、比較的すっきり?終わる、青春系をご所望の場合はぜひに。

(なお私はこの作品が面白すぎて最寄り駅を過ぎ終点まで読み続けてしまいました・・・)

六人の嘘つきな大学生(2021年)

www.amazon.co.jp

成長著しいIT企業「スピラリンクス」が初めて行う新卒採用。最終選考に残った六人の就活生に与えられた課題は、一カ月後までにチームを作り上げ、ディスカッションをするというものだった。全員で内定を得るため、波多野祥吾は五人の学生と交流を深めていくが、本番直前に課題の変更が通達される。それは、「六人の中から一人の内定者を決める」こと。仲間だったはずの六人は、ひとつの席を奪い合うライバルになった。内定を賭けた議論が進む中、六通の封筒が発見される。個人名が書かれた封筒を空けると「●●は人殺し」だという告発文が入っていた。彼ら六人の嘘と罪とは。そして「犯人」の目的とは――。

一躍浅倉先生を有名にした期待の新作。こちらは就活の場でのミステリーを題材に、人の嫌ーなところや、案外良いところ、でもやっぱり毒あるよね、とか就活の無意味さなど、浅倉先生の特色が全面に出てる作品。しかも伏線回収が素晴らしい。「え、あ!、おー」と、一人暮らしでも声が漏れる緻密さ(自分でも何を言っているのかわからない)。漫画・舞台・映画とこれからも話題になること間違いなしの作品。もしなんか読みたいなって人いたら、とりあえずこの作品読んでれば間違いなし(今なら本屋にはほぼ必ず売ってます)。

最後の方のシーン、まさに「うがった見方」がでてて最高です。

俺ではない炎上

www.amazon.co.jp

ある日突然、「女子大生殺害犯」とされた男。既に実名・写真付きでネットに素性が曝され、大炎上しているらしい。まったくの事実無根だが、誰一人として信じてくれない。会社も、友人も、家族でさえも。ほんの数時間にして日本中の人間が敵になってしまった。必死の逃亡を続けながら、男は事件の真相を探る。

さて、ここまで見て、ふーんと思った方。もう何作品か読んだ方。どうせなら新作が良いと思った方。見てくださいよ。なんと、来月、新作が出ちゃうんですね~(ニチャニチャボイス)。当然僕もわからんのですが、あらすじ見る感じはやはり、ミステリー系統で、なんだか人のディープなところに焦点が当てられているので、これは良い感じですね。

また読んだら感想でも書こうと思います。

おわりに

以上で紹介は終わりです。興味持ってくれたかな??ぜひ読んでみていただいて・・・(リアルで知り合いの方は貸すことも全然できます)。

 

あと、今回初めて書評っぽいことしたんですが、これネタバレ抜きでするの相当きついですね。というか無理がある。ので今後はネタバレありで書こうと思います。

あとあと、語彙力(特に表現方法の)が欠如しているので、単純にその辺もきついですね。フランクさを混ぜつつ論ずる難しさですね。

 

ではでは。

 

 

(≧▽≦)

 

 

 

 

二.京大ロー生徒然日記 初ソクラテスを受けたの巻

ソクラテス・メソッドを受けている時の学生の心象風景

ymki先生がおすすめしていたスコット・タロー『ハーヴァード・ロー・スクール』によると、ソクラテス・メソッドを「開発」したのは故クリストファー・コロンバス・ラングデルだそうです。ソクられて死んだ学生はこれからはどうぞ「f**kラングデル」というのが良いでしょう。

ということでみなさんどうも。あずめろです。

ローに入学してから早2週間ほどが経過しました。今日はそんなあれこれを・・・

全授業を受けたぞ(●´ω`●)

初授業が4/8だったのでだいたいの授業を2回受けたことになりました。

軽ーく、かるーく感想を

月1国際法 tmd先生

選択科目って未修者を念頭に置いているんですね・・・・

hmmt先生を想定し、なんと洋書まで準備していたあずめろ肩透かしを食らう、です。まあロー初っ端から忙しすぎるのも嫌だし、ね?(でももう少し詳しくしてほしい・・・かも)

後期までホコリを被ることが予定される洋書

月2民法 ymmt先生

京大ロー1組の鬼門と呼ばれる通称ymki先生の民法。債権+要件事実って感じ。事例はかなり難しい。この難しいは細かいというよりは「深い」。錯誤(民法95条)の「錯誤」って何?みたいな感じ。でもあくまで事案解決のためだから理論理論してない。そこがいいね(まあ理論理論しててほしい面もあるんですが)。ソクについては後述。

月3刑事訴訟法 ikd先生

ケースブック(殺傷能力高い)を扱い捜査分野を扱う授業。先生が優しい。とにかく優しい。もう正解言った瞬間にあかべこくらいうなづく。あかべこかわいいよね。ちなみに捜査法が刑事「訴訟」法って分野に入るのおかしくね?刑事「手続」法でしょ。と思うわけです(とどっかの教授が述べていたのに共感しています)。

火2消費者法 smd先生(弁護士)

消費者法をゼミ形式で学ぶ授業。まだ本格的にはスタートしてないけど、テストないし、発表すれば単位は出そうで安心(ローに入ってまで「単位」「GPA」を気にしなければならないとは悲しいかな・・・)。めちゃくちゃやりたかった消費者団体訴訟制度はみんなで考えようの会に設定されており泣きました。

火3商法 med先生

事例演習教材を解く、といいながら実態は江頭会社法を読む授業。時々悩ましい問題が出るけど、標準的な問題も多いし、先生も優しいからすこ。先生、江頭会社法好きなんやろなぁってのがにじみ出ててすこ。

水2刑法 ysd先生

隠れ鬼門刑法。問題がむずい。ここでのむずいとは理論理論しているの意。まあ刑法総論なんてそんなもんか。ちなみにこれ事例で出たら困るな・・・って出題は多いから、そういう点ではうれしい。後個人的には理論理論してるの1つくらいは欲しかったからその点でもうれしいかも。

水5行政法 hrd先生

行政法の神とはhrd先生であるー。

この格言は後世に引き継がれるだろう。悪魔の創出した「在学中司法試験受験」の影響による授業カリキュラム圧縮のなんのその、的確なレクチャーとソク・判例の分析をこなし学生からの絶大の支持を受ける。神は服装もおしゃれで、昨日なんかはワイシャツは黒、ネクタイもチェック柄で、さながら成人式で「おれホストじゃね卍」と喜ぶ20歳の様であった。。。断じて馬鹿にしているわけでは無い。

金4民事実務基礎 kkb先生

裁判官をしていた実務家の先生。重要なところを厚く論ずる説明は非常にわかりやすい反面、こてこての関西弁をしゃべることから関西弁の環境に慣れていない僕にはどこをまじめに言っているのか全く分からない。ちなみに第3回から露骨に問題が難しくなった。ここでの難しいは細かいの意。鬼門というのはほんとかも。

ローは大変なのか

※当然ここは個人の感想です。他の人がどう思っている(た)かは知りません。

ロースクール、それは牢獄と呼ばれたり呼ばれなかったりするわけであるが、巷では様々な「評価」がなされている・・・(ちなみにこの表現はローを楽しみにしている人間からすれば普通に「嫌」(「トマト嫌いだわ」と同じくらい他の人に圧をかけることを意図してはいない)な表現である)。

しかし「事実」を記しているブログやツイートはなかなか無いようである。もちろんここでの「事実」とは真実とかそういう意味ではなく、「どのような内容を、どれくらいの予習量の中、どの程度のソクラテスメソッドが要求されるのか、等についての定量的な(可能な限り)客観的な情報」である。

と、ここまで読んで、「お?じゃあその『事実』を書くのかな?』と思った読者諸君。残念です。ごめんなちゃい。それは前期が終わった後にします。なぜなら時間がないからね!(/ω\)

じゃあ何書くの?

んー。全体としたローの大変さとソクラテスメソッドの大変さですかね(それ「評価」じゃね?)

ちなみになぜ「今」書くのかといえばこの「評価」が前期が終わった段階でどう変わったを記録しておきたいからですね。これ、結構大事。結局感想ってその時に書かないと忘れちゃうからね!

ロー生活全般

(ロー生活だけをするなら)はっきり言って思いました。

まず、授業は基本週8コマ。木曜には全休もあり、金曜も4限だけだから実質授業は週3です。なので拘束時間は8×1.5=12時間

次に予習時間。(ほんとは量を明示できるといいけどそれは後日として)だいたい1科目5時間あれば十分で、必修じゃない国際法と消費者法二つで1科目分だとすれば、

7×5=35時間。

ほんで復習時間。まあこれは科目差が激しいんですが、必修科目6×2としても12時間。

 

∴12+35+12で59時間。要するに週60時間なわけですね。一日あたり約9時間。これには授業も含まれています。

全然じゃね?と思うわけです。(ちなみにここで大事なのは、仕事とかとは(おそらく)違い人間関係上の悩みとかがほぼ入らないこと。この点で圧倒的に楽だと思います)。

 

ただね、ただ、ここで問題がでるんですよ。それは「試験(広義)」の存在です。

我々、(当然かは置いといて)いつかくる司法試験があるわけで、それはローのことやってるだけではだめだと。なのでこれ+自学自習が入るとなかなかきついですね。。。もちろん予習復習を減らしていけばたぶんそんな困んないんですけど、来年の受験を考えるとやはりきついですね。

しかも、期末試験もあるんですね。これは当然京大ロー生と戦うわけで、上記時間のみ勉強しているわけではない同じクラスの子たちと競わねばならないというのはこれでまた大変なわけですね(あぁ、ここにも競争社会が・・・)

そういうわけで、結局ロー単体は何とかなる(これも前期の話で後期は死にそうなわけですが・・・)としても、それに付随する試験の存在によって結構大変になる(だろう)って話でした。。。

ソクラテス・メソッドの大変さ

ソクラテス・メソッド(以下「ソク」)とは集団討議的な奴で、先生が生徒個人に質問を投げかけ、答えが飛ぶとそれへの更なる質問をして・・・という形式で「深い」思考を養う感じの授業方法である。

まあロー入る人は当然これの実態の不明瞭さに恐れ慄きながらぬ遊学するわけです。。。

で、実体はというと、めちゃくちゃ優しい思いました。

まず質問内容はほとんどが予習の設問まんまだから困らないし、先生も優しい。当てられる順番もほぼ予想できる。いわゆる解答の「ニュアンス」を答えれば先生が補ってくれるし、最悪沈黙でも大丈夫。しかも追い質問に至ってはなんか答えればOK。成績にはほとんど考慮されず、その点でも気軽。

と、ここまで言いいましたがきつい先生もいます。今回だと民法のymmt先生は確かに厳しい。

が、それも正直かなり優しい思いました。まず質問した後に答えるまでの時間をくれるし、その問題も当該問題の基層を問う感じで、考えれば出てくる。しかもヒントまでくれる。それに顔がかっこいい。イケメン。頭いいのがにじみ出てる。。。おっと個人の評価になってしまいましたね。

まぁそういわけで別段困んないと思います。もちろん予習を全くやってないときついと思いますが、予習が当たる日もわかりますし、最悪先輩ノート読めば足りるし。

ソクラテス・メソッドの効果

で、我々学生が考えなければならないのは、当然ソクが簡単か否かみたいな問題では無くて、むしろソクが法的思考を練るにあたって有効か否かという点にあるわけです。

で、個人的な考えは、あんま有効じゃなくね?です。

いくつか理由があるんですが、まず、①カリキュラムの問題、つまりは授業進度との問題があるんだと思います。つまりは1授業でこれだけ進まなけでばならないってのがあって、その為にはソクを簡単にして円滑な授業をしなければならないと。。。難しいソクをして時間を過ぎてしまってはあかんわけですね。その意味で教授はめちゃくちゃ負担になってるし、これのせいで「やってる感」で終わってる感あります。

②次に日本人に合わなくね?というのがあります。ソクって、本来「討議」なわけだから、「教授→学生」の一方的図式は本来おかしいはずで、「学生⇔教授⇔学生」という形で、教授に質問したり、同じ質問を他の学生にしたり双方向にすべきなんですよね。でも、日本人(もちろん僕含め)あんまり公の場でしゃべるの好きじゃないし、①の通り「円滑」な授業のためにはあんまり質問できる雰囲気じゃない・・・てなわけで、結局学生個人個人と教授とのその場限りのゲームに終始してる感じします。

③で、しかも「恥」を気にしない人だと特にこれは意味がないと思うわけです。ソクって公の場で「詰められたくない」って思うから頑張るわけで、いわばプライドが結構重要だと。でも別にクラスメイトに何思われてもよくね?って思ってるとたぶんその辺の枷もないからさらに楽→適当に答えがち、になると。

他にも挙げようと思えばあげれますが、大まかにはこんな感じで、あんま(少なくとも日本では)意味ないんじゃないかなぁ?と思うわけ。。。ぽよ。(←すこしまじめに書いたから語尾をかわいくしてなんとか和らげようと努力している姿勢)

こういうわけで、ふーん、てな感じでした。

 

と、まあ一般的な感想を言ったわけですが、なんでこんなこと思ったの?といえばそのymmt先生にソクを受けたからですね。

詳細は授業内容だから言わないとしても、そのソクは授業の最後(既に30分近く時間をオーバーしている)でかなり適当だったんですよね。しかも悩んでる風を装うとソクが優しくなる(逆にすらすら答えると、それが予習の成果なのか先輩ノートなのかはどうかとして、明らかに糾問する質問が飛んでくる)ので、そうやって答えれば良くね?と思うわけです。

やっぱ、ソク、あんまりいらんくね?です。

まじめな話をしてしまった!!

ということで、ここらは最近の近況を

ロー生活!

ローどんな感じかと言えば、「高校3年生」みたいな感じです。クラス制度があり、授業もみんなまじめに受けている、仲良くもなる、でもあくまで入試があるからワイワイ遊ぶのは気が引けるかも・・・ってな感じです。基本自習室で勉強してて、放課とかに話す感じ(放課って方言らしいですね。授業と授業の間のことです)。ご飯も行くけど、暇になれば自習室みたいな?。。。

と、すこし寂しい思いもしながらではありますが、外部生らしく恥じらいを捨てて着々と外交関係を築いているわけです。

で、ここで模擬裁判をやっていた経験がひかり、結構会談できてるのが良いですね。やはり「もさいやー」がいるのは良いですね。偶然、ほんとに偶然に「jessup Tシャツ」を着てる際にこの首脳会談が多数行われ、たぶんきもいやつだとも思われています。

これをさすがに日常的に着ているわけではありません。本当です。

クラスもクラス委員が決まり、何やら自己紹介フェーズに進んでるのでいいですね。あとは飲み会を開いてくれればうれしい限りです🥺🥺🥺

もっと仲良くしていければいいですね。。!!

エクスターン?なにそれおいしいの?

エクスターンとは法律事務所が開くインターンみたいなやつです。長期休みにあります。で、これが選考に響くので多くのロー生(企業法務志望特に)は応募するわけですね。

で、僕も当然応募するか―と思っていたわけですが、ななななんと!もう応募締め切ってる事務所とかあるんですよ!え?早くない?

しかも!なんと応募しても選考があるらしいんですよ!それもかなり厳しい!え?エクスターンの選考?就職の選考じゃないよ?

さらに!その選考も面談がある人とない人とかあるんですよ??え?書類通っても面談あるの??

 

と、田舎者にはつらい状況が続いております・・・

正直ブログ書いてる場合じゃないんですが、まあ明日やれることを今日やるのはアホがやることですからね()

でもここで良かったことがあって、クラスメイトはもう応募終わってたりするのでかなり話が参考になるんですよね。いや、マジでありがたい。

ということで、さすがに今週にはいろいろ提出しようと思っています。さすがにね。

1人暮らしはエルデンリングである

ロー生となれ

 

 

 

とまあ昨今話題のエルデンリングに比喩したわけですが、要するに一人暮らし自由度高すぎね?ってことです。

というのも、絶賛今寝落ち4日目なんですが、当然いつ寝ても、いつ起きても自由なんですよ。

いや、実家でもまあ自由だったんですが、それとは非にならないわけですよ。何もかも自由。フリーダム。

で、エルデンリングにたとえたのは当然自由であることを賛美したいからではなくて、むしろ自由「すぎる」の点に重きが置かれていて、このRPG広すぎんだろ・・・って感じです。

暇。自由というよりは暇。家帰っても一人だし・・・(´;ω;`)(/ω\)メンヘラ化しそうです()

一人暮らし4年間やった人。ぜひ暇を無くす方法を教えてください(切実)。

まあそんなけ。大学生がマッチングアプリに手出すのもわかりますわ。暇ですもん。

以上

以上である。え?もっとおもしろい話は?

ない。そんなものはない。そんなにおもしろい話が見たいなら、バキバキ童貞チャンネルを見るか

www.youtube.com

下記の記事を見ろ

azumerogohan.hatenablog.com

いずれも面白いのに閲覧数が伸びていない傑作だ。特に後者はなぜこれほど閲覧数が伸びていないのか世界三大七不思議に入ってもおかしくないはずである。

 

ではでは

 

 

(´-ω-`)

 

一.京大ロー生徒然日記 入学の巻

f:id:azumero:20220406180714j:plain

京大法経の中庭の桜めちゃくちゃきれいですね。そしてこれは時計台との一枚。

ということで、どうも、あずめろです。

私もついに京大生()もとい、京大ロー生になりました。そうです。入学です。

いや、早いですね。あと3ヶ月くらい春休みが欲しいですね。そもそも春になったら春休みが終わるのおかしくないですか?夏休みよろしく、春休みも春が終わるまでにしてほしいんですが。そうじゃないと景品表示法違反ですよ?(オタク特有の早口)

ま、文句は置いといて、入学までのあれこれをいろいろと・・・

「京大ロー生徒然日記」とは

要するにロー生活の「日記」です。

今までは「近況と現状」みたいなタイトルで「日記」をつけていたのですが、どうもローに関わることはそれ専用でナンバリングしたほうが、ニホンオオカミのようにいるかいないかわからない本ブログをみてロー生活を知りたいという方々に有益かな?とか思ったからです。

ではなぜ『「日記」』になっているかといえば、それはもちろん「日記」と書くことで、およそ不毛で無益で虚偽が入っている情報を書いてもお咎めされないと考えているからですね()。すなわち免責事項というやつです。だって日記だもん。。!

ということで、別段変わったことはないんですが、これからは「京大ロー生徒然日記」シリーズもどうぞ御贔屓に。

 

ちなみに

ローマ数字(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・・・)はロー入試記事

漢数字(一・二・三・・・)はロー生活記事

アラビア数字(1・2・3・・・)はそれ以外の一般的な記事

となっています。

 

ちなちなみに、ピンときた方もいるかもしれないですが、若干某ロー生(今は修習生)のブログのパクリとなってしまっています。

いちおう(本当にいちおう)書いておくと真似するつもりもないのですが、ネタがかぶってしまうこともあるわけで、その辺は大目に見てほしいなぁって感じです。

転居(3/31)

22年と2ヶ月を過ごしたエキノコックス半島とついに決別をし、京都市左京区に「上洛」しました。

あぁ、上洛。何という素晴らしい響きだろうか。「東行」(巷では「上京」とも言うらしいが「京」は我らが京都なので全くの間違いである)とは格が違うのだなぁ(感嘆)。

さて、転居ということで、引っ越ししたら、部屋を作ったりと色々した訳です。部屋についてはまた他の記事を書こうと思うのでそちらをご参照くださいませ。

で、何がすごいかというと、私の住むこの左京区元田中地区、飲食店がめちゃくちゃある!!!

もうトルコリラぐらいインフレしているわけですよ。

f:id:azumero:20220408165312j:plain

元田中の飲食店の多さを表現した偉大なる写真

そういうわけで、飲食店リストも随時作っていこうと思っていますので、どうぞごひいきに

azumerogohan.hatenablog.com

ガイダンス(4/1)

さてさて、ついに、ついにガイダンスだ!ということでワクワクドキドキのガイダンスへ。

ここで隣になった人とお話して友達になっていくんやろなぁ。。。みんあ友達ほしいだろうし学部のガイダンス同じく知り合い増やそう!!

 

 

 

 

 

 

と、思っていた時期も私にありました。ええ。忘れていました、内部生7割という現実を。教室に入るなり、すべては絶望に変わったわけです。これは入学後半年たった後の授業前の光景か??

そう、みなしゃべっているのだ。もうね、京大生の圧がすごいんですよ(お前も京大生だろ)。みなさん学部からのお友達とおしゃべりしてるわけです。これは

「会話に混ぜて(●^o^●)」なんて言えませんよ。

😢😢😢・・・

あぁ、お友達作りもたいへんやなぁ・・とりあえず適当に座るか・・・

 

 

 

 

『そのとき、あずめろに稲妻はしる!!!』『圧倒的閃き!!』『唯一の打開策!!』

f:id:azumero:20220408170600j:plain

イメージ図(鼻はこんなにとがっていません)

『気づく!話していないやつは外部生だという揺るがない事実!!!』

もうね。天才のひらめきですよ。なるほど、話してなくて、しかも教室きょろきょろしている奴なんて、間違いなく外部生ですよ。ぷんぷん匂うなぁ、外部生の匂いが(それ自分の匂いでは?)

ということで外部生臭(こう書くとすごく悪い感じますね)のするあたりに座し、ひとまずガイダンスを聞くことに。

 

刑法のystk先生デカくね??過剰防衛を実演してくれそう。

 

さて!ガイダンス終了!ひとまず前の方としゃべってお友達になろう!1組だと嬉しいなぁ・・・

「こんにちは!自分外部から来たんですけど!もしかして外部の方ですか??」

「内部です。」

f:id:azumero:20220408171324p:plain

進路懇談会(4/2)

次の日はオンラインでの進路懇談会。現役弁護士先生の方々が今の生活を赤裸々に語ってくれます。

まあ僕は冒頭のski先生に圧倒的注目だったわけですが。声意外とさわやかですね。

ぐだったりするのかな?と思ったけど、ビビるくらいてきぱき進みました。これが有能弁護士の力か

引っ越し(4/3)

いよいよ荷物搬入。

あれほど広かったお部屋も一瞬で倉庫へ・・・

結局2,3日かかって、やっと終了。あれ?やっぱり案外でへや広いな・・・

法情報調査Ⅱ(4/4)

さて、今度は何やら怪しい名前のガイダンスへ。

と、その前に、なんと!twiiter経由で「エンカ」なるものに誘われたわけですね!これが「エンカ」か。。。齢22年、ネットの人とはあってはいけませんと言わていたわけですが、ついに今日禁忌を犯してしまうわけか・・・もしかしたらあんなことやこんなことされるのか・・・防犯ブザーに手をかけ、いざ。。。!

 

 

普通にいい人でした。私はなんてことを考えていたのでしょうか。はんせ(いや、俺は悪くないのでは?むしろこんな教育をした先生が悪いのでは?)

おい、村上先生(小学校の担任)、ネットの人に逢ってもいいじゃねぇか。

判例分析(4/5)

名前からして怖そうな授業もスタート。しかも、なんと午前。なんと怖いのだろう。午前授業は即刻中止せよ!!

と思いつつも普通に起床し、"may it please the court"パーカーを着て京大へ。

 

さて、may it please the courtとは何か。

may it please the courtとは国際法模擬裁判で始めに発する呪文みたいなものである。ちなみに連邦最高裁とかでもいうかもしれない。直訳してもわかるように、あんまり意味はない。裁判所に敬意を示すものである。

では"may it please the court"パーカーとは何か。

そう書かれているパーカーである。

f:id:azumero:20220408173321j:plain

ダサいか否かは皆さんにお任せ

ではなぜそれを着ていたかと言えば、それはもちろんこれを着れば、きっと生粋の法律オタクが集う京大ローで引っ張りだこになると考えたからである(むふふ・・・)。

 

 

誰にも声を掛けられなかった・・・・

は???いや、気づこうよ。みんなさ。隣の人が法律のパーカー着てるんだよ??こんな話しかけやすいことないよ???

お休み(4/6)

ついに自習室解放!

ということで自習室へ。自習室ガチャでSSR(排出率0.001%)を引き、1階、窓側、入口近い、隣人も問題なし(むしろ自分が問題かも)の席へ。

席はこんな感じ。

f:id:azumero:20220408174248j:plain

このユキヒョウはマリオットアソシアホテルの限定品。なんとお値段5000円(税別)。これに触れたやつ、ゆるさねぇよ。

自習室についても、ゆくゆくは記事を作りたいですね。

 

さて、ガイダンスとかはこの日は特になかったので、飲み会に行きました。

飲み会でパーカーの話をしたら非難ごうごう。「誰が気づくか」「気づいたとして声かけるのむずすぎるだろ」「それ君なら声かけてたの??」「きもい」「これだから実定法は」「国際法なんて機能してない。無益」

 

若干違う批判もありましたが、まあ受けは良くなかったそうですね。さいで。

入学式(4/7)

さて、いよいよ入学式!とりあえずどっちもでるかと思い起床するも、みやこめっせが2kmも離れていることに絶望し下鴨神社(お社まで遠くない)

 

午後からは自習室で民事実務基礎の予習をスタート。これが「予習」か。参照教科書多すぎてよくわかんねぇな。

16:00からはローの入学式。ski先生がお話しするので今の国際状況の話とかするのかな?と思ったけど、結構事務的な話ばかりですた。

でも、令和5年は受験者増えるから、合格者も増やしていけるよう働きかけますって言葉はうれしいですね。ついでに各弁護士事務所の採用枠も増やして、どうぞ。

授業スタート(4/8)

で、ついに本日より授業スタート。

午後からも予習して、これでいけるやろ!と思い授業へ。

 

うーん。聞こえないお??

kkb先生は良い人っぽいけど、聞こえないお?

マイクが故障しているんですね。僕はほぼ最後尾なんで、まじで聞こえない🥺🥺🥺

声上げてくれた人、ありがとう😭てな感じですね。

それが原因か、ソクも全然厳しくなく(というか質問聞こえないし)、ローの授業初日は終了しました。

 

ちなみに事前に先生が名前を確認していたので、名前を間違えられることはありませんでした(読み方教えたけどね)

おわりに

と、いうことで、絶賛授業が終わった解放感からこれを書いているわけですが、来週がやばいですね。まだ一つも予習をしておりません。ymmt先生の民法tmd先生の国際法、死にそうですね()。

 

あと、やっぱり関西だからか、関西弁っぽい方多いですね。マージで多い。イントネーションへんになっちゃいますよ。あと、関西弁に慣れていないからか、先生の関西弁が全部なんか「おっちゃん」ぽく聞き取れちゃって、緊張感なくなるんですよね。あの関西弁で怒られたら僕笑っちゃいますよ。

 

ということで入学の巻きは終了です。次回はいつになるかな?病んでなければ月末とかですかね。

 

ではでは。。。

 

P.S.もちろんガイダンスで話した内部の子ともラインとか交換しましたからね(笑)

 

(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 

XIV.お詫びとか今後とか

どうも。あずめろです。

さて、ロー入試も終わり、長い長いモラトリアム期を過ぎ、ようやくローに入学しました。

 

が、実は、当初の予定よりだいぶ記事が少なくなっています。。。

具体的には各大学記事の「分析」記事と、どのように受験校を決定したか系の記事ですね。。

 

なぜ書けなかったかというと、、、それはー、その、YouTubeのせいです。。

え?見たのはお前なんだから、お前が悪いって??

そうですね、、、はい。私の責任です。。本当にすみ(「謝らないで!!!」(突如脳内に響くプリキュアの声)「因果関係の議論における条件関係の公式(あれなければこれなし)によれば、そもそもYoutubeがなければ貴方はそんな怠惰で無為な春休みを過ごしてはいなかったわ!よって、Youtubeの存在に問題があって、貴方は悪くないもの!」)

 

 

くない・・・

 

俺は悪くない!!!!!!

 

と、いうことで私は悪くないのですが、記事が書けないことは事実ですので、そのことをご報告します(や、ほんとは書けなくて申し訳ないです🙇‍♂️)

まあ、あんまりいないかもしれませんが、将来のロー入試受験生の期待を裏切らないためにここで書いておきました。

 

ちなみにあと予定しているのは阪大ロー得点開示、神戸ロー得点開示、ロー入試総括、です。

開示され次第書く予定なのでその点よろしくお願いします。

 

さて、そしてもう一つの重大発表といえば、ロースクール生活の日々を綴った「京大ロー生徒然日記」が投稿されます。

ぜひご一読、購読お願いいたします🙇‍♂️。

 

と、いうことで。そらでは。

 

 

22.卒業しました

f:id:azumero:20220331215620j:plain

これはゼミの先生が「飲み代の足しに」と言ってくれた卒業記念品(飲み代出ると思って高いとこ予約しちまったじゃねぇか!!)

ということで、どうも、あずめろです。

早いもので、ついに私も卒業ということになってしましましま。もちろん大学をです。

しかし、大学卒業とは「大学の卒業」のみを意味するものでもない、ということも学びました。いやはや、悲しいですね。

今日はそんなお話と、4年間の振り返りと、若干の意見について・・・少し真面目に

※ほんとは4/1に投稿したかったけど無理だったお。でも記事は4/1を想定して書いてるから、すなわち今日は4/1なんだお

(/ω\)

卒業しちゃいました

3/25大学を卒業しちゃいました。

まず、ほんとにはやかった、というのはうそです(今日はエイプリルフールだからね!)。高校よりは長かったね。なぜなら4年間あったから。

でも、あれ?あの時何してたっけ?って時もあります。

そう、大学3年生前期。皆さんもこの時期を振り返ってみましょう。

 

あれれ???なんにもおもいでがないぞ~~??

 

ということで、やはりコロナで3年生の記憶があまりありません。やっぱり学生にコロナはあんまりだぁということです。

今年(もう「今年」)はもうちょっとましになってほしいなぁ・・・

 

さて、流れをもどして、まあ卒業式では久々の、ほんとに久々の顔合わせがあったんですが、あ、こんなに知り合いいたんだぁってなりました。どれだけ人に合ってなかったかがわかりますね。やっぱり学生にコロナはあんまりだぁ

 

よく紙の辞書とか新聞紙を勧める理由に「興味ない記事(内容)も触れられるから」みたいなのあるじゃないですか。僕はあれ、興味なかったら全く目にも入らないので主張自体失当だと思っているのですが、どうもこの理由付けは人間関係には当てはまるような気がします。

すなわち、興味ない人間がいたとしても、おんなじ教室にいるだけでなんか目に着いたり、場合によっては話たり、話してるの聞いたりするじゃないですか。あれで、「あぁ、こんな人なんだぁ」とか「おもろそうやん」とか思ったりするわけですよね。なので、「教室」という存在がなくなったこの2年間は結構大事なもの無くなったよなぁ、としみじみしたわけです。(「大事」「喪失」を書いておけばなんとなくしんみりするとおもったそこのあなた、大正解です)。

大学卒業は「大学の卒業」のみを意味するのか

さて、私がもう一つしみじみしたのが、

 

「こいつら4/1から社会人か??」です。

 

そう、大学卒業は「大学の卒業」のみにあらず、「学生卒業」をも意味するものだったのである。。。(と大学院生になる者がいうのはなんと薄っぺらいものか)

 

4/1、すなわち今日なわけですが、基本的に大学院に行かない人はこれで就職なわけですよね。就職、、、、社会人なわけです。社会の人ですよ。齢22で??これから日本を背負っていくわけですよ。

ええ。新社会人の皆さん、手をたたきましょう。連続で。そしてその音を聞きましょう。自分への拍手ですよ。こんな偉いこと他にありますか??いやない(反語)。

 

0.01mmくらいの極薄な言葉かもしれませんが、聞いてください。

すごいですよ。ほんとにすごい。きっと大変な(僕は想像できません)こともあると思いますが、どうぞ頑張ってください。社会人、なっただけですごいですよ。今日一日働いた、それがもう学生とは違います。誇りを持ってください。頑張って(●´ω`●)

 

昔就活相談会のことを「社会の歯車説明会」と揶揄していた輩がいましたが、そんな奴はデスノートに名前を書いておくので安心して下さい(かきかき・・・)(うっ!!心臓が・・・)(自己完結)。

 

いままでなら卒業式でバイバイしても、まあ会いたければすぐ会えるしね!、とか思ってたわけですよ。でも、今回は違ったんです。あ、会いたくても、社会人だから会えないかもしれないんだ・・・てかみんな東京か・・・と。これにはさすがにしみじみしてしまいました。もう学生じゃないんだなぁ・・・

こういうわけで、今回の卒業式は人生一しみじみした卒業式だったわけですが、やはり学生ではなくなるってのが、けっこうくるものありますよね。

つまりは大学の卒業式は「学生」からの卒業であるわけで、その意味で節目であり門出だね!ということです。

4年間なにやった?大学生活を振り返ろうのコーナー!!

さて、ぼくのブログは能天気をテーマにしているので、こんなじめじめしたカビの生えそうな終わり方はしません。

と、いうことで、とても需要が高い(希望的観測)、私的4年間を振り返ろうのこーな~

①剣道部

剣道部、その言葉を紡ぐだけで、舌にぬるい秋味(ビールの名前)の味が染みわたる。この部活に入るとたちまち地下鉄の座席を開けようとするし、九州から羽ばたいて名古屋に帰ろうとするし、介抱した人間に「なんでこんなとこいんの?」などという発言をしてしまう。おそろしい部活であった。

また、剣道部は男女関係がそこらの青学テニスサークルよりもどろどろしていた(「た」であってほしい)。もし青学や慶應のテニサーがこれ以上なら日本の少子化がこれほどまでに進んでいることはあり得ないのだから、転じてやはり剣道部はイカレテいることがよくわかった。やはり勝負事の中でも勝負事な「スポーツ」なのだから、このようなことになってもおかしくあるまい。

さて、とは言ったものの、やはり大学4年間をこれなくしては語れまい。なんだかんだ大学生は、高頻度で会う団体、苦労ができる団体、が楽しいような気がする。完全に経験だけど。

あと、レギュラーってすげぇってなります。ほんとに。大学生も部活やってるような人たちってやっぱ強いんすよ。何が強いって、技術だけじゃなくて、精神力が違いますね。七大とかで6試合でるとか人じゃないでしょ。と今だから言えます。僕は試合見てるくらいが一番楽しかったです。

モットー「剣道は嫌いでも剣道部は好きでいよう」は達成できました。

②模擬裁判

これは良い、などという言葉では片づけられまい。これがなければ私はロースクールなんていう素晴らしい()ところに進学しようとは思わなかったわけで・・・いやはや、人生何があるかわかりませんね。
結局、大学1年で「闇」と言われた某島先生(指導担当)の授業がすべてのきっかけだったわけで・・・こう考えると、なかなかに分岐点であるといえそうです。

詳しくは他の記事で書いたので割愛。

③勉強(学問)??

さてこれ以外で大学で「これをやった」というものがあるとするらならば、それは勉強(学問?)でしょう。

これあんまり外受けは良くない感じするんですけど(なぜだ?)、でも大学生のあるべき姿だったような気がします。

まず、教授がすごいってことがよくわかる。ほんとに。教授は「頭がいい」。

1年生とかって、教えるのが上手い下手=頭いい、みたいになりがちじゃないですか。高校の教員の評価軸を大学教授にあてはめようとしてたんですよね。でも、実際3,4年生くらいで接するといかに大学教授が頭いいかが分かるわけですよ。何言っても知ってるし、立論したらすぐに批判とか射程とか言ってくるし。。。。

つまりは学問ってこんなに広いんだぁ(小並感)となるわけです。

 

さて、他にも、あれ?日本すごくね?とも思うわけですね。22年間日本なんかで過ごしてると、これが世界の中心感あって、でもって欧米に劣ってるみたいな風潮が流れやすいと思うんですよね。でも、例えば国際法の文献についてみても、結構研究材料はそろってるし、そもそも自国語である程度学べる、これ自体すごくね?って思うわけです。日本国内で完結しているというか。

というわけで、日本好き(卍)となったわけです。

 

まあ、さて、あとはまあ春休みにyoutubeを見すぎたとか、amazon primeを見すぎたとか、dアニメストアを見すぎたとか、そんな有象無象があるわけですが、他にもバイトとか人間関係とか言い出したらきりがないんですが、ひとまずメインどころはこんな感じですね。大学4年間、結構充実していたのではないでしょうか。。

結局大学(学部)における「勉強/学問/研究」とは何だったのか

さてさて、4年間を振り返ったところで、では当然に考えなければならないのは、まず大学生活はどのように過ごすべきだったのか、であり、より範囲をしぼめるなら、大学での「勉強」とは何を目的(目標)にすべきだったのか、ということでしょう。

4年間学んだ、結局の答えは・・・

 

「問を見つける(知る)」

 

ということだと思います。

まず、大前提として、我々は社会の中で生きるので、当然に社会において有益なものを生み出さなければならない(はずであって)、すなわち適切な「答え」を導かなければならないでしょう。結局、結果が求められるからだと思いますが。。。

でも、この「答え」を導くためには、当然にどのような「問」があるのかを知らなければならず、これなくしての「答え」なるものは出発点が分からないまま進んでいるに過ぎない者なんだと思います。

しかも、もっと大変なことは、そもそもその「問」=問題点、が存在しているかどうか、もわからない場合が多いということで、そこにまず気づく(最終的には「答え」を導きだすとして、そのプロセスとして)ことが大事なんじゃないかなぁと思うわけです。

 

こういうと、①「答え」はいつ見つけるんや?とか②いつまで「問」いてるの?とかの反論が来るわけです。

①はまあ社会人とか、大学院生何でしょうかね?結局自分もよくわかっていませんが、とにかく学部生って既存の問題点を探る、議論を知る、整理をするってとこに注力しがちで、それは「答え」を作るためにはまず問題点そのものと、先人の知恵を知らなければね!ってことなんだろうなぁと思ったりするわけです(これ「答え」じゃないですね())

実際、僕たちが社会に出て真に何かを「考える」なんてことはあんまりなくて、それこそ先輩とかどこかの先人とかが同じようにやってきたことの繰り返しなんじゃないか、だとすれば自分で考える+先行事例を調べるってのが大事なんじゃないかなとか思ったりするわけです。

②は、うーん、それも「問」ということでしょうか(笑)。まあ真面目に答えると、さっきも述べたようにこの「問」を見つける作業は何らかの「答え」を導くためのプロセスなわけで、じゃあまあ「答え」が出る状況になったなら、それは「問」を終了してもいいんではないでしょうか。

例としてはそれこそLGBTの諸問題とか、そういう、少なくとも私では想像もつかなかった「問い」に触れて、そこでも議論を知ることがそういう問題への「解決」になるんじゃないかなぁってことです(ちなみに、こういう主張なのだから「学部生は答えを言うな」とかを言ってるわけじゃありません)。

なんだかまとまり悪いですが、なんとなくはこんなフィーリング。

でも、高校までのいわゆる「勉強」を超えた、学問人としての姿勢?は学べたような気がします。その意味で学士(法学)をもらっても問題ないでしょう()

 

では大学院生(ロー生含む)になった人間は何を目標にするべきなのかって問題も当然に出てくるわけですが、これについては①自分なりの「答え」を出す②既存の問題との差異ある問題点を見つける、なのかなぁとか思います。

つまりは①は、院生なんだからいろんな論点での(私なら法解釈)での自分なりの主張を言えるようにするのが最低限必要だし、②に関してはそれこそ論文を書く元になるみたいな新規性()が出せると良いなぁって感じです。

院生諸君、資格試験の勉強なんてやめて学問を楽しもうではないか!といった具合でしょうか(悲しいかな、あずめろは司法試験という試験を人生絶対の指標とする輩が集う試験を受ける羽目になっているから学問を真に楽しめないのだ・・・)

 

さて!

ということでなんとも何が言いたいのかよくわからない文章で締めて、学部は卒業、京大ロー編へと進めたいと思います。。

ブログ見てくださっている方本当にありがとうございます(けっこういるようで本当に嬉しい)。今後とも、次のあずめろブログをよろしくお願いいたします🙇‍♂️

 

ではでは

 

\\\\٩( 'ω' )و ////

21.おしりパワフル(弱)とおしりマイルド(強)はどちらが強いのか

f:id:azumero:20220308201846j:plain

2022年3月8日午後3:00。便意を催した私は近くの商業施設のトイレに向かった。

言わずもがな「大」をするためである

(なお私は一般的な「小」及び「大」との表現には極めて疑問を抱いている。なぜならこれらはそもそもが液体と固体であって「大」「小」の相対的な評価にはそぐわないと考えているからである。即刻日本人は「液体」と「固体」との表現に改めるべきであろう。さもなくば日本人は幼少期のころから(本来は)適切な「二項対立」の例を誤って覚えることになる。これが近年の日本人の教育水準の低さの要因になっているのは自明であろう。)

 

さて、前置きが長くなったがとにかく「固体」をしに行ったわけである。

ズボンとパンツをおろし「よっこらしょ」と、座した。

 

(中略)

 

「ふぅ」

21世紀に侵略戦争を始めるプーチソを暗殺する一番確実な方法は彼が「固体」をした後を襲うことである。いくら元KGBでもこれには対処できまい(なぜならこの身体的精神的欠陥は神が人類を創生した際に「意図的」に付けた欠陥であるからである。)これを国連(やウクライナ)で提唱すればすぐにこの事態も終わるであろう、と世界平和に思いをはせた。

 

「はっ」

私は思わず息をのんだ。

そこには通常は想定するはずもない(できるわけもない)魑魅魍魎で欧州情勢のように複雑怪奇なボタンが並んでいたのだ。

f:id:azumero:20220308210223j:plain

「・・・」

声が出なかった。いや、厳密には出せなかったのだ。ローマ法王であろうともこれを前に慈悲深いお言葉を出すことは不可能であろう。

 

おしりパワフル(弱)とおしりマイルド(強)があるのである。

 

なぜ?何の目的で?いつから?誰が?

 

全てが未知である。未だ人類はこれほどの「未知」に対面したであろうか。

 

いや。ない。

 

しかし私は、リーマン予想を「発見」したとされるゲオルク・フリードリヒ・ベルンハルト・リーマン(Georg Friedrich Bernhard Riemann)と同様、いや、もしかしたらそれ以上の衝撃を受けてなお、この難問に立ち向かおうとしたわけである。

 

賢明な読者諸君はすでにお分かりであろうが、このような「問」が、ここには、ある。

 

おしりパワフル(弱)とおしりマイルド(強)はどちらが強いのか

 

である。

 

幸いにも、私にはおしりがあった。指もある。

あぁ、なんと神は偉大なのだろうか。私がこの世に生を受けたのも、すべてはこの日のためだったのだ。祖ムハンマドが洞窟の中で神の啓示を聞いたのも同じであろう。受けた者にはわかる、これが「使命」なのか、と。

 

そうだとすればぐずぐずしてはいられない。

私は、すぐに、脳よりも先に脊髄の令をもって、指を、ボタンに、向かわせた。

 

「待て」

私は小さくつぶやいていた。

私としたことが興奮のあまり「観察」をしていなかったのだ。まずは目だ。目で確認だ。触診はそのあとで構うまい。

 

「ふむ」

ボタンは9つある。一番下の列は「ビデ」であろう。まあ今回は気にしなくてよさそうだ(なおここの列はピンクで他は青なのもジェンダーバイアスが顕在しているといえるかもしれない)。

 

問題は上2段だ。

上はおしりパワフル、下はおしりマイルド。そして左から弱・中・強、となっている。

ともに英語も書いてある。

 

まず共通項である「おしり」だ。しかしこれは通常の「おしり」であろう。

一般的に男性が便座に座すということ、それすなわち「固体」をするに他ならないのだから、ここでの「おしり」はそれをしたときの「おしり」ということであろう。まあよい。

 

では「パワフル」「マイルド」とはなんだ?

「パワフル」・・・[形動]力強いさま。強力なさま。

「マイルド」・・・[形動] 1 まろやかなさま。「マイルドな味」「マイルドな香り」 2 物事の程度や人の性質・態度などが穏やかなさま。「マイルドな効き目」「マイルドな口調」

(以上デジタル大辞泉から引用)

なるほど。どちらも力強さを表す言葉である。つまりウォシュレットの強さを表しているのだ。

 

では「弱・中・強」とはなんだ??

ウォシュレットの強さか?いや。そんなはずがない。であるならば「パワフル」と「マイルド」の意味がない。こいつらは何のために存在しているのだ。

 

「うぅ・・・」

私は涙していた。ある不安が脳裏をよぎったからだ。もしかしたら「パワフル」「マイルド」と「弱・中・強」は同じ意味なのではないか、と。。。

だとすればこれほど悲しいことはない。これらは、いや、「かれら」のどちらかは存在価値がないにもかかわらずここで生を受けたのか。。。

 

「(ごくっ)・・・」

「観察」の時間は終わった。いよいよ「実験」の時だ。

まずはおしりパワフル(強)、だ。いきなり(弱)でもよかったのだが、ひとまずは最上位だ。指をボタンの上に置いた。

 

「ズゴゴゴゴゴ!!!」

 

途端にウォシュレットは私のおしりに殺意を向けていた。

私は思わず「止」ボタンを押していた。人間は通常時には30%しか身体能力を発揮していないとの説明を受けたことがあるが、これは真である、なぜなら私はいまだかつてこれほど早く「止」ボタンを押したことがなかったからである。

 

「なるほど・・・」

どうやらおしりパワフル(強)はおしりの痛覚がなくなってしまったような人間が使うのだろう。

私はすぐさまおしりパワフル(中)を押していた。

 

「ズゴゴ!!」

 

やはり私は早急に「止」ボタンを押した。もちろん痛かったからだ。しかしそれだけではない。おしりパワフル(弱)の前に我慢ができなかったのだ。

 

「ぽち・・・」

ついに押した。

 

「ズゴ」

 

なるほど。確かに痛い。しかしやはり「(弱)」。それほどの痛みもない。これなら使う人がいても問題ないだろう。

これで「弱・中・強」が強さを表していることが分かった。

残る問題は「パワフル」と「マイルド」である。

 

問題は次だ。

 

おしりマイルド(強)、である。

「物事は何事も相対的に判断せよ」とは私の言葉であるが、まさにこれを実践しせんとしている。

 

「ごくっ・・・」

人類として初めて月に降り立つ瞬間、アポロ11号の船長ニール・アームストロングは何を思ったのか。人類の進歩か、祖国アメリカの偉大さか。人類史に名前が残るとの名誉を思い描いていたのか。いずれにしても彼の行為は人類の進歩を、進化を、表している。

そして私もまた、体験したのだ。アームストロングと同じく。そして中継を見ていた地球すべての人類たちと同じく。

 

「プシャーーー!!!!」

 

水がおしりに当たると同時に、私は、涙していた。

フェルマーの最終定理を証明したアンドリュー・ワイルズ(Andrew John Wiles)も同じ気持ちであったろう。それは真理に到達した者のみに許される幸悦と畏怖である。

 

当たる面積がちがうのである。水が。当たる箇所が。マイルドの方が明らかに肌にやさしい。

なるほど。

つまりは「パワフル」と「マイルド」は水の出る範囲が異なるのであろう。「パワフル」の方が局所的なのであり、「マイルド」の方が全体的なのである。

 

すでに「問」への答えは出た。

が残りの2つのボタンも押しておくのが敬意であろう。

私は何の疑問もなく、おしりマイルド(中)を押した。すべては終わった、そう思った。

 

「ズゴゴ!!」

 

その瞬間に私の「おしり」は瀕死になった。

 

「プシャーーー」

瀕死の「おしり」を下に、ウォシュレットは本来ならこうであるといわんばかりにマイルド(中)の水を流し始めた。

 

そう。ウォシュレットが間違いを起こしたのだ。明らかにおしりパワフル(中)の水圧であった。

 

かろうじて耐えた私は最後のボタンを押した。

 

「ズゴ」

 

それはおしりパワフル(弱)であった。「おしり」を絶命させるに十分な水圧であったことはいうまでもない。

 

 

 

 

20.丸メガネ

僕は丸メガネが好きなのですが、だからこそ自分は丸メガネを付けていませんでした。こんな顔したやつが神聖な丸メガネを付けようなどとおこがましいからです。しかし、最近丸メガネが似合う人を見かけて、やっぱいいなぁ、と思いました。似合ってるし、丸メガネってかわいいですよね。特に女の子かわいいですよね。うんうん。ということで僕も丸メガネにしま・・・と言いたいところですが、事態はそう簡単ではありません。僕が丸メガネを付けるということは、「丸メガネを付けている僕」も僕の好きな「丸メガネをかけている人」の一部になってしまいます。観察者が非検体になっているのです。これは困った。これならまだいい方です。僕が付けれるくらいなんだから、他の人の丸メガネも別にかわいくなくないか?とか思ってしまった日にはもうおしまいです。この世はカラフルではなくなってしまうでしょう。そうなっては丸メガネ好きにとってはたまりません。いえ、むしろ知らないうちにそのようなアイデンティティさえ失われるのです。やはりつけないでおこう・・・と思いましたが、良く考えると、僕は勘違いをしていました。丸メガネが好きなのではなく、丸メガネが似合う(雰囲気のある)子が好きなんだということです。ツインテールが好きなんじゃなくてツインテールをしても浮かない(容姿の整った)女の子がいい、ってのと同じ理論ですね(まあ丸メガネ理論は男女関係ないわけですが)。丸メガネが似合うって顔が整ってるとかもあるんですけど、あの雰囲気がいいと思うんですよね。まあ賢明な読者諸君ならわかると思いますが。となると、自分が丸メガネが似合わなければ僕の好きな丸メガネ人の対象にはならないので一安心。と思ったら、良く考えれば丸メガネが似合わないのに丸メガネを付けるっていうのは、丸メガネを付ける意味がないにほかならず、むしろ他人に丸メガネが似合っていないのに丸メガネをさらしている不届き丸メガネになってしまいます。もし私と同じく丸メガネを愛する丸メガネがいるならばその丸メガネに面目が立たないでしょう。丸メガネを似合ってないと知りながら丸メガネの丸メガネ利丸メガネ欲のためだけに丸メガネを掛ける丸メガネなど言語道断であります。と、まあよくわからな丸メガネになってきたので、気分が乗ればメガネを丸メガネにするかもしれませんししないかもしれません。

 

 

 

 

 

以上

19.RecentlyとNowadays

f:id:azumero:20220228214758j:plain

どうも。あずめろです。

模擬裁判が終わってからというもの遊び惚けてました。反省(宇奈月温泉よかった)。

 

世間は、世界は大変なことになっていますが、だからこそ適当なブログでも書こうと思います。

勉強

???いま2月末ですけど・・・

 

純度100%の嘘じゃン・・・

 

ということでさすがにさすがにほんとにまずい。のでさすがに始めます。

宣言します。でくられーしょんします。

 

3月中に

 

国際法再度勉強しなおし

・重問すべて1周

・総合講義テキスト振り返り

・論証集覚えなおし

・実務基礎聞きなおし

・要件事実(大島本)読む

をします。

 

え?短答・・・???はにゃ(22歳キモボイス)

まあ頑張りますわ。。。

 

というかなんか目標建ててたよね

azumerogohan.hatenablog.com

 ・予備試験論文過去問(まだ着手してないのバグかな?)→まだ着手してませんバグでした。僕は悪くありません。

・予備試験短答→僕は悪くありません。

・司法試験過去問→何言ってんだこいつ?残りのモラトリアム機関にやるわけないやろ

憲法お勉強→同上

行政法お勉強 →同上

国際法しっかりお勉強(選択科目だからね)→模擬裁判やったからいいよね(なぜか急遽弁論者で出たし)

法社会学お勉強→何言ってんだ??

法哲学お勉強(お勉強してみたいですね、特にJ.S.ミル)→これはしっかりやってます

国際政治学お勉強→ごめんなちゃい(今から始めるとミーハーになっちゃう)

民事訴訟法しっかりお勉強(民訴しか勝たん)→やりたかったなぁ

・飲み(ご飯いってくれるひと大大大募集)→まあまあ・・・スタンダード・・・

・バイク免許取得(中型、取ります)→取りませんでした(原付しか勝たん!!)

・筋トレ→今日から始めました

・旅行(富山とか)→結構遊んだお

・名字の歴史調査(ずっとこれやりたかったので)→やりたいこととやることは別ですよね

ヴィーガン体験(少数者になるのは大事ですね)→これは残りの期間でやりたいなぁ

・ブログ移転(年末までにやります)→やった

・ご飯アカウント作成(既に作成、Twitter→@LawSchool_gohan、よかったらみてね) ・競技麻雀練習(付き合ってくれる人大募集)→麻雀は飽きちゃいました・・・

 

 

人間って何でしょうね。2か月前、しかも何にも急かされていない時期(jessupは急遽入っちゃったけど)ですら目標を達成できないのです。。。

これが人間なんですね。そりゃ21世紀にもなって侵略戦争始めますよ。

人間だもの(みつお)

ということで、宣言通り(最広義)2月から勉強を始めます。

法哲

モラトリアムに唯一きちんと勉強したのはこれでした(モラトリアムならむしろ当然か)。

あと30頁くらい読んだら法哲学(瀧川ほか)を読み終わります。

前半部の正義論関係は正直「ふーん」てな感じでした。おもろいかな?確かにねって感じ権利の章とかは面白かったけど平等の章とかはなんかあんまりでした。

やっぱり人権には興味ないようです。

 

面白いのは後半部の法概念論のほう。こーれがおもしろい。

自然法論から法実証主義、とりわけH.L.A.ハートとドウォーキン、ラズなどの主張をみるのはおもろかったですね。特に法適用について解釈か裁量かみたいなのとかは実定勉強してる身からするとおもろい限りです。

ただし、、、ただしむずかしい。正直例がないと訳が分からない。

あと体系的に勉強しないと、「あれ?これさっき言ってなかった?」みたいな状況に陥りかねません。

でもまあおもろいですね(語彙力)。読破したらまた記事を書こうと思うので、それまで皆さんも是非勉強してみてください。

あとは本はちゃんと読んでます。小説とかですね。

夜のピクニック恩田陸)は昨日読み終わりました。青春小説は少しくさいくらいがちょうどいいですね。

今はtwitterでおすすめされてたので『砂漠』伊坂幸太郎)読んでます。まだ途中ですがこっちの方が好みですかね。

実は僕は浅倉秋成って作者が大好きなので、今度その紹介記事でも書こうかなぁとかも思っています。最近売り出し中なので知ってる方も多いかもしれません。

ミュージカル

先週"west side story"を見に行きました。

www.20thcenturystudios.jp

いやーやっぱいいっすわ。ミュージカルいいですよね。あの感情を吐露する感じが大好きです。最初の踊るシーンは良いですね。時代も感じます。

ミュージカルも大好きなのでまた紹介記事でも書こうと思いますが、ウエスサイドは少し音楽がおとなしめだったかな??という印象を受けました。音楽が古い?のかもしれません。。。

ウクライナ・ロシア情勢

や、これは本当に驚きました。

僕は素人の分析と専門家の感想は無益で素人の感想と専門家の分析は有益だと思っているので、これに基づいて感想を話しますが、21世紀でこれやるんだって思いましたね。

さすぷーちん(粛清されそう)。

戦争ってほんとにあるんだぁ(小並感)

 

まあそれはさておき(おけないが)、結構戦争関連で昔から気になってることがありました。戦争体験者の話を聞く、みたいなので質問をいっつもするんですが

純粋な自衛戦争の場合にも戦うべきか(戦えば犠牲が出るが、投降すれば(少なくとも)その場での命は保障される)

ってことですね。まあ別にきちんと勉強する予定もないんですが、Twitter見てるとその辺の「議論」をしてる方がいておもろいなぁとか思いました。

 

ところで僕が気になってるのは、このTwitterの使い方について、正直みんな使い方ヘタ過ぎないか?と思っていることがあります。

ウクライナ情勢について、結構著名な方々が議論しているようですが、140字しか打てない媒体で「議論」する、しかも取りまとめる人もいないような状態で感想をぶつけ合って(話し合ってではない)なんの意味があるんだ??と思います。

しかも見てると(この傾向は前から顕著ですが)まず議論の前提部を共有しようとしない(投稿への疑問ではなく批判から始まる)とか、勝手に仮想敵を作って(ex:反対派は○○と言ってるけど)それをたたくとか、もうわけわかんないことやってますよね。

頼む。猫ちゃんかわいいって言い合う世界にしてくれ。

それかせめて議論の前提を確認してくれ。9条ってなんだよ。9条1項か2項か、第何文めなのか行ってくれよ。9条賛成も反対も(9条の両項を総称している場合を別にして)条文見てないの丸わかりだよ()。議論の精密さがかけらもないよ。

Twitter、投稿の目的が感想か分析かわかる機能を付けてくれ。感想だったら何も言わないから。。。

はにゃぁ(キモボイス)。そんな感じ。

 

おわりに

まあそんなわけでおわり

(*´Д`)

 

 

 

 

 

 

18.国際法模擬裁判(Jessup)が終わったよ

f:id:azumero:20220215200214p:plain

全ての元凶

この男マジ何なんすかね。全ての元凶過ぎて腹立ちますよね。。。。

 

と、いうことで、国際法模擬裁判(jessup)が終了しました。

いやはや、みなさまお疲れ様でした。

今回は大会の感想とかその辺を。。。もっと模擬裁判一般の振り返りは3月にでも。

国際法模擬裁判ってなんやねん!

ブログの新規ユーザーアクセス数も段々と伸びている今日この頃。これを書かずにはいられません。

というのも模擬裁判(moot court)はもっと知名度挙がってもいいと思っているからですね。

こんなに面白いのに、この知名度、この参加校数は少し残念です(9校いるだけでも十分だとは思いますが、昔に比べて減ってきちゃってますよね)。。。

 

内容はとりあえず以下のリンクを見てもらえばいいかもしれません。

 

ilsec2021.wixsite.com

jilsa.org

azumerogohan.hatenablog.com

まあ、要するに架空の話・架空の国を元にした模擬裁判で、参加校は原告・被告両方の弁論を行います「妥当な」判断をするものでもなく、原被片方だけをやるものでもありません←ここ重要)。

また、良くある?シナリオが決まっていて、法廷でそれを読み上げるだけでのものでもありません。もちろん原稿はありますが、裁判官(=教授や弁護士、外交官)が適宜質問を投げかけてきて、それへの応答(=会話)をしながらそれぞれの主張をしていくものになっています。

アメリカ連邦最高裁をモデルにしているのでこのような形になっていますね。

 

今年の問題はこちら。

https://www.ilsa.org/Jessup/Jessup2022/2022CombinedCompromisAndCorrectionsClarifications.pdf

すっっっっっっっごく要約すると、原告であるAntara領にはSuthaと呼ばれる他文化っぽい地域があって、Antara国内での国民投票の結果によっては独立をする可能性がありました(イギリス連邦におけるイングランドみたいなこと)。

さてさて、近年ではフンランド教授(上の画像のメガネ)率いる独立派が台頭していましたが、彼やその組織SADはPanoというSNSで誤情報っぽいものも流していました。これのせいなのか暴動とかも起きて選挙の安全な実行が危ぶまれそうになりました。そこでAntaraは教授のPanoアカウントを停止する命令を出し、アカウントは停止になりました。

また、選挙を狙った(なぜか独立を促す)不正なサイバー攻撃(LunaBotnet)も横行していたことから、AntaraはOperation Moonstrokeを実施してこのBotnetを破壊しました。しかしこの影響は隣国で被告のRavariaのデジタル機器にも影響を与えてしまいました。

このようなAntaraの活動の中、選挙は実施され賛成52%で独立が確定しました。

ところで、AntaraにいるRavaria大使の奥さんは飲酒運転をして警察に捕まってしまいましたが、その際にAntaraは誤って奥さんの持っている機密文書を見てしまいました。

何とそこにはSuthaの宗教的及び資源的価値に目を付けたRavariaが選挙に関する誤情報やAntara内のSADへの寄付、Botnetによるサイバー攻撃とかでSuthaを独立に導くように仕向けていたことが分かりました。Suthaの独立後にはRavariaへの編入まで予定されていたようです。

これは大変!Antaraは選挙結果がRavariaによって変えられたと大激怒!一方のRavariaは俺ら悪くないどころか、Antaraさんいろいろ活動しすぎだよね?と喧々諤々に。

かくして国際司法裁判所で一連の問題を争うことになったのでした・・・

大きな論点は①違法収集証拠排除法則の適用可能性②不干渉原則違反③表現の自由侵害④サイバー空間での主権侵害

と言った感じでした。もちろん各論点にはさまざまな論点が含まれています。

 

これについて約4か月を書けてリサーチをしてメモリアル(申述書)を完成させます。

ページは原被それぞれ50頁くらい。ぜーんぶ英語です。

 

その後は1か月の期間を開けて口頭弁論を行います。

1チーム原告2被告2の計4人、それぞれ2回戦います。

1人22分くらいの弁論をする感じですね。

 

まあ一般的な話はこれくらいに。。。

予選

そもそも僕は出場する予定ではなかったのですが・・・10日くらい前に急遽出てくれと言われ出場することに(/ω\)(/ω\)(/ω\)

冷静に考えれば絶対に悪い、被告ことRavariaのsecond agentに任命されました。

(あとこれは愚痴なんですが、普通裁判って原告が主張(立証)して被告がそれを否定する流れなのに、今年は被告が立証するのが3つもあって、裁判として結構むずかったと思うの僕だけですか?正直対応させるのが難しいというか・・・)

 

予選第1試合はwsdとでした。wsdは因縁ですね。僕は1年生のころから因縁です。

裁判官はWhite&caseの弁護士+White&caseの弁護士+教授でした。
(全然関係ないけどWhite&caseの紹介写真は何で白黒なんや?)

全く想定外の質問とか飛んできましたが・・・まぁ何とか勝ったかな?という感じでした。やっぱりwsdは強いですね。

 

予選第2試合はtk大学でした。原告ターンだったので僕はお休みです。

裁判官は教授+長島大野・常松の弁護士+博士課程の先生でした。

我らがエースの健闘により勝てたかな?という試合でした。

(てか実力拮抗してる時どうやって勝敗決めてるんや?)

 

予選第3試合はry大学でした。同じくゼミ単位で出場している以上負けられません。

裁判官はWhite&caseの弁護士+教授+外交官でした。

これは勝ったかな?という試合でした。この試合の質問は僕の得意な法源に関するものが多かったのでラッキーでしたね。

 

予選第4試合はまたもwsd大学でした(これで3大会5戦という戦歴に・・・)。原告ターンだったので僕はお休みです。

裁判官はWhite&caseの弁護士+教授+長島大野・常松の弁護士でした。

この試合は正直決勝よりもクオリティ高くなかったか?という試合でしたが、wsd被告が尋常じゃなく強く負けてしまった気がします(rebuttalだけはうまくいったぞ(●´ω`●))。

 

かくして予選終了。

緊張の中結果発表をみると3位で予選通過!!

相手のtk大学は原告を選んだので、被告の私は再度法廷に立つことに・・・・

 

まあ、これはよい。全然ね。

でもね、裁判官がね。。。京大のhmmt先生だったんですよ・・・

まず質問激つよなわけです。mzsm先生とhmmt先生模擬裁判で来たら恐怖でしかありません。怖すぎます。
しかもですよ。来年のローで先生の授業を聞くんですよ。こんなん緊張するしかないじゃないですか。もう夜も寝れませんでした(嘘です爆睡できました)。

 

準決勝&決勝

ということで準決勝。

裁判官はhmmt先生+西村あさひの弁護士+外務省の偉い方、でした。

原告を見れるから見るとぼっこぼこに質問されてました。「わからない」って言った後に「でもこれ重要判例だよ?」っていっててさすがに笑いました(質問でもないやん🥺🥺🥺)。

でもさすがはtk大学。きちんとさばいて弁論していました。これはほんとにすごい。

あとで知ったんですが1年生だったらしく、すごすぎておじさんは泣いてしまいました。

 

さて、私の弁論!と思ったのも、つかの間、緊張で全くうまくしゃべられず英語も適当になってしましましましました。弁護士先生がお情けの質問をたくさんくれたのでなんとか面目は保たれたような・・・・裁判官のお情け、うれしい反面不甲斐なさに悲ししくなりますね。。。

ということで、まあ僕が良くない弁論をしてしまい負けてしまいました。。。。

 

決勝はtk大学対kt大学。東の雄西の雄ですね。

決勝裁判官にはNATO法律顧問とかが来ててすごかったのですが、これに出るよりウクライナ情勢見なくてええんか??とか思っていました。

あとは我らがゼミの先生がついに決勝裁判官になりましたね!尋常じゃない早口質問をしていて笑ってしまいました。

 

勝者はtk大学かなーと思っていましたがやはりそうでしたね。

すごい!おめでとう!ですね。やはり自分たちに勝ったところが勝ってくれると嬉しいものです。。

結果発表とレセプション

3日間の熱き?戦いも終わり、結果発表へ。

結果は・・・・・・

 

 

 

 

総合第3位!

原告書面第2位!

原告弁論第3位!

 

 

という良き良きな結果でした。

先輩も誰もいないゼミから3年で・・・・感無量です(/ω\)(/ω\)(/ω\)

ま、正直3位なのはよくわかりませんが、いいでしょう。

ついにwsdにも勝ちました()

 

レセプションではひとまずお世話になった裁判官役の先生方とおしゃべりしました。

もちろん僕は就活を控えているので弁護士先生のところに行ってとにかくアピって来ました。良いですね。大きな事務所には別段引かれませんが、チームで紛争解決系の訴訟をするって最高に楽しそうですね。まあこれできるの大きな事務所に限られるんですけどね。。。投資仲裁とかも面白そうです。

ということでサマクラークに応募しよう!と思った事務所をいくつか見つけて先生方との懇親会は終了しました。

(レセプションあるあるって、カジュアルに話していた先生を調べたらめっちゃ偉い人やん!ってなることじゃないですか??)

 

あとは結構他団体の方とも仲良くなりました。京大も早稲田も東大も皆さんいい人でしたね!

なにかの機会があれば是非また会いたいものです。。。

(ちなみに話を聞く限りどこの団体も人手不足とか締め切りギリギリとか問題抱えていたっぽいですね笑)

正直模擬裁判はもう少し活動を活発化させないと大会自体危ぶまれるのではと危惧しております。。。。(かつての名古屋大学のように「伝統校」が出場できていない現状)

おわりに

と、いうことで、感想戦終了です。

いっつもは小ネタとか仕込もうと頑張ってるんですが、今回の記事はそういうのは入れずに感想だけにしておきました(誰が見るかわからないしね)。

とにかく関わったすべての方に感謝して終えたいと思います!

そしていつの日か水島ゼミが世界大会に出場できますように!

 

ではでは

 

 

(@^^)/~~~