競争社会でへらへら笑って

司法試験という競争社会の中でもへらへらしてる受験生のブログ

二.京大ロー生徒然日記 初ソクラテスを受けたの巻

ソクラテス・メソッドを受けている時の学生の心象風景

ymki先生がおすすめしていたスコット・タロー『ハーヴァード・ロー・スクール』によると、ソクラテス・メソッドを「開発」したのは故クリストファー・コロンバス・ラングデルだそうです。ソクられて死んだ学生はこれからはどうぞ「f**kラングデル」というのが良いでしょう。

ということでみなさんどうも。あずめろです。

ローに入学してから早2週間ほどが経過しました。今日はそんなあれこれを・・・

全授業を受けたぞ(●´ω`●)

初授業が4/8だったのでだいたいの授業を2回受けたことになりました。

軽ーく、かるーく感想を

月1国際法 tmd先生

選択科目って未修者を念頭に置いているんですね・・・・

hmmt先生を想定し、なんと洋書まで準備していたあずめろ肩透かしを食らう、です。まあロー初っ端から忙しすぎるのも嫌だし、ね?(でももう少し詳しくしてほしい・・・かも)

後期までホコリを被ることが予定される洋書

月2民法 ymmt先生

京大ロー1組の鬼門と呼ばれる通称ymki先生の民法。債権+要件事実って感じ。事例はかなり難しい。この難しいは細かいというよりは「深い」。錯誤(民法95条)の「錯誤」って何?みたいな感じ。でもあくまで事案解決のためだから理論理論してない。そこがいいね(まあ理論理論しててほしい面もあるんですが)。ソクについては後述。

月3刑事訴訟法 ikd先生

ケースブック(殺傷能力高い)を扱い捜査分野を扱う授業。先生が優しい。とにかく優しい。もう正解言った瞬間にあかべこくらいうなづく。あかべこかわいいよね。ちなみに捜査法が刑事「訴訟」法って分野に入るのおかしくね?刑事「手続」法でしょ。と思うわけです(とどっかの教授が述べていたのに共感しています)。

火2消費者法 smd先生(弁護士)

消費者法をゼミ形式で学ぶ授業。まだ本格的にはスタートしてないけど、テストないし、発表すれば単位は出そうで安心(ローに入ってまで「単位」「GPA」を気にしなければならないとは悲しいかな・・・)。めちゃくちゃやりたかった消費者団体訴訟制度はみんなで考えようの会に設定されており泣きました。

火3商法 med先生

事例演習教材を解く、といいながら実態は江頭会社法を読む授業。時々悩ましい問題が出るけど、標準的な問題も多いし、先生も優しいからすこ。先生、江頭会社法好きなんやろなぁってのがにじみ出ててすこ。

水2刑法 ysd先生

隠れ鬼門刑法。問題がむずい。ここでのむずいとは理論理論しているの意。まあ刑法総論なんてそんなもんか。ちなみにこれ事例で出たら困るな・・・って出題は多いから、そういう点ではうれしい。後個人的には理論理論してるの1つくらいは欲しかったからその点でもうれしいかも。

水5行政法 hrd先生

行政法の神とはhrd先生であるー。

この格言は後世に引き継がれるだろう。悪魔の創出した「在学中司法試験受験」の影響による授業カリキュラム圧縮のなんのその、的確なレクチャーとソク・判例の分析をこなし学生からの絶大の支持を受ける。神は服装もおしゃれで、昨日なんかはワイシャツは黒、ネクタイもチェック柄で、さながら成人式で「おれホストじゃね卍」と喜ぶ20歳の様であった。。。断じて馬鹿にしているわけでは無い。

金4民事実務基礎 kkb先生

裁判官をしていた実務家の先生。重要なところを厚く論ずる説明は非常にわかりやすい反面、こてこての関西弁をしゃべることから関西弁の環境に慣れていない僕にはどこをまじめに言っているのか全く分からない。ちなみに第3回から露骨に問題が難しくなった。ここでの難しいは細かいの意。鬼門というのはほんとかも。

ローは大変なのか

※当然ここは個人の感想です。他の人がどう思っている(た)かは知りません。

ロースクール、それは牢獄と呼ばれたり呼ばれなかったりするわけであるが、巷では様々な「評価」がなされている・・・(ちなみにこの表現はローを楽しみにしている人間からすれば普通に「嫌」(「トマト嫌いだわ」と同じくらい他の人に圧をかけることを意図してはいない)な表現である)。

しかし「事実」を記しているブログやツイートはなかなか無いようである。もちろんここでの「事実」とは真実とかそういう意味ではなく、「どのような内容を、どれくらいの予習量の中、どの程度のソクラテスメソッドが要求されるのか、等についての定量的な(可能な限り)客観的な情報」である。

と、ここまで読んで、「お?じゃあその『事実』を書くのかな?』と思った読者諸君。残念です。ごめんなちゃい。それは前期が終わった後にします。なぜなら時間がないからね!(/ω\)

じゃあ何書くの?

んー。全体としたローの大変さとソクラテスメソッドの大変さですかね(それ「評価」じゃね?)

ちなみになぜ「今」書くのかといえばこの「評価」が前期が終わった段階でどう変わったを記録しておきたいからですね。これ、結構大事。結局感想ってその時に書かないと忘れちゃうからね!

ロー生活全般

(ロー生活だけをするなら)はっきり言って思いました。

まず、授業は基本週8コマ。木曜には全休もあり、金曜も4限だけだから実質授業は週3です。なので拘束時間は8×1.5=12時間

次に予習時間。(ほんとは量を明示できるといいけどそれは後日として)だいたい1科目5時間あれば十分で、必修じゃない国際法と消費者法二つで1科目分だとすれば、

7×5=35時間。

ほんで復習時間。まあこれは科目差が激しいんですが、必修科目6×2としても12時間。

 

∴12+35+12で59時間。要するに週60時間なわけですね。一日あたり約9時間。これには授業も含まれています。

全然じゃね?と思うわけです。(ちなみにここで大事なのは、仕事とかとは(おそらく)違い人間関係上の悩みとかがほぼ入らないこと。この点で圧倒的に楽だと思います)。

 

ただね、ただ、ここで問題がでるんですよ。それは「試験(広義)」の存在です。

我々、(当然かは置いといて)いつかくる司法試験があるわけで、それはローのことやってるだけではだめだと。なのでこれ+自学自習が入るとなかなかきついですね。。。もちろん予習復習を減らしていけばたぶんそんな困んないんですけど、来年の受験を考えるとやはりきついですね。

しかも、期末試験もあるんですね。これは当然京大ロー生と戦うわけで、上記時間のみ勉強しているわけではない同じクラスの子たちと競わねばならないというのはこれでまた大変なわけですね(あぁ、ここにも競争社会が・・・)

そういうわけで、結局ロー単体は何とかなる(これも前期の話で後期は死にそうなわけですが・・・)としても、それに付随する試験の存在によって結構大変になる(だろう)って話でした。。。

ソクラテス・メソッドの大変さ

ソクラテス・メソッド(以下「ソク」)とは集団討議的な奴で、先生が生徒個人に質問を投げかけ、答えが飛ぶとそれへの更なる質問をして・・・という形式で「深い」思考を養う感じの授業方法である。

まあロー入る人は当然これの実態の不明瞭さに恐れ慄きながらぬ遊学するわけです。。。

で、実体はというと、めちゃくちゃ優しい思いました。

まず質問内容はほとんどが予習の設問まんまだから困らないし、先生も優しい。当てられる順番もほぼ予想できる。いわゆる解答の「ニュアンス」を答えれば先生が補ってくれるし、最悪沈黙でも大丈夫。しかも追い質問に至ってはなんか答えればOK。成績にはほとんど考慮されず、その点でも気軽。

と、ここまで言いいましたがきつい先生もいます。今回だと民法のymmt先生は確かに厳しい。

が、それも正直かなり優しい思いました。まず質問した後に答えるまでの時間をくれるし、その問題も当該問題の基層を問う感じで、考えれば出てくる。しかもヒントまでくれる。それに顔がかっこいい。イケメン。頭いいのがにじみ出てる。。。おっと個人の評価になってしまいましたね。

まぁそういわけで別段困んないと思います。もちろん予習を全くやってないときついと思いますが、予習が当たる日もわかりますし、最悪先輩ノート読めば足りるし。

ソクラテス・メソッドの効果

で、我々学生が考えなければならないのは、当然ソクが簡単か否かみたいな問題では無くて、むしろソクが法的思考を練るにあたって有効か否かという点にあるわけです。

で、個人的な考えは、あんま有効じゃなくね?です。

いくつか理由があるんですが、まず、①カリキュラムの問題、つまりは授業進度との問題があるんだと思います。つまりは1授業でこれだけ進まなけでばならないってのがあって、その為にはソクを簡単にして円滑な授業をしなければならないと。。。難しいソクをして時間を過ぎてしまってはあかんわけですね。その意味で教授はめちゃくちゃ負担になってるし、これのせいで「やってる感」で終わってる感あります。

②次に日本人に合わなくね?というのがあります。ソクって、本来「討議」なわけだから、「教授→学生」の一方的図式は本来おかしいはずで、「学生⇔教授⇔学生」という形で、教授に質問したり、同じ質問を他の学生にしたり双方向にすべきなんですよね。でも、日本人(もちろん僕含め)あんまり公の場でしゃべるの好きじゃないし、①の通り「円滑」な授業のためにはあんまり質問できる雰囲気じゃない・・・てなわけで、結局学生個人個人と教授とのその場限りのゲームに終始してる感じします。

③で、しかも「恥」を気にしない人だと特にこれは意味がないと思うわけです。ソクって公の場で「詰められたくない」って思うから頑張るわけで、いわばプライドが結構重要だと。でも別にクラスメイトに何思われてもよくね?って思ってるとたぶんその辺の枷もないからさらに楽→適当に答えがち、になると。

他にも挙げようと思えばあげれますが、大まかにはこんな感じで、あんま(少なくとも日本では)意味ないんじゃないかなぁ?と思うわけ。。。ぽよ。(←すこしまじめに書いたから語尾をかわいくしてなんとか和らげようと努力している姿勢)

こういうわけで、ふーん、てな感じでした。

 

と、まあ一般的な感想を言ったわけですが、なんでこんなこと思ったの?といえばそのymmt先生にソクを受けたからですね。

詳細は授業内容だから言わないとしても、そのソクは授業の最後(既に30分近く時間をオーバーしている)でかなり適当だったんですよね。しかも悩んでる風を装うとソクが優しくなる(逆にすらすら答えると、それが予習の成果なのか先輩ノートなのかはどうかとして、明らかに糾問する質問が飛んでくる)ので、そうやって答えれば良くね?と思うわけです。

やっぱ、ソク、あんまりいらんくね?です。

まじめな話をしてしまった!!

ということで、ここらは最近の近況を

ロー生活!

ローどんな感じかと言えば、「高校3年生」みたいな感じです。クラス制度があり、授業もみんなまじめに受けている、仲良くもなる、でもあくまで入試があるからワイワイ遊ぶのは気が引けるかも・・・ってな感じです。基本自習室で勉強してて、放課とかに話す感じ(放課って方言らしいですね。授業と授業の間のことです)。ご飯も行くけど、暇になれば自習室みたいな?。。。

と、すこし寂しい思いもしながらではありますが、外部生らしく恥じらいを捨てて着々と外交関係を築いているわけです。

で、ここで模擬裁判をやっていた経験がひかり、結構会談できてるのが良いですね。やはり「もさいやー」がいるのは良いですね。偶然、ほんとに偶然に「jessup Tシャツ」を着てる際にこの首脳会談が多数行われ、たぶんきもいやつだとも思われています。

これをさすがに日常的に着ているわけではありません。本当です。

クラスもクラス委員が決まり、何やら自己紹介フェーズに進んでるのでいいですね。あとは飲み会を開いてくれればうれしい限りです🥺🥺🥺

もっと仲良くしていければいいですね。。!!

エクスターン?なにそれおいしいの?

エクスターンとは法律事務所が開くインターンみたいなやつです。長期休みにあります。で、これが選考に響くので多くのロー生(企業法務志望特に)は応募するわけですね。

で、僕も当然応募するか―と思っていたわけですが、ななななんと!もう応募締め切ってる事務所とかあるんですよ!え?早くない?

しかも!なんと応募しても選考があるらしいんですよ!それもかなり厳しい!え?エクスターンの選考?就職の選考じゃないよ?

さらに!その選考も面談がある人とない人とかあるんですよ??え?書類通っても面談あるの??

 

と、田舎者にはつらい状況が続いております・・・

正直ブログ書いてる場合じゃないんですが、まあ明日やれることを今日やるのはアホがやることですからね()

でもここで良かったことがあって、クラスメイトはもう応募終わってたりするのでかなり話が参考になるんですよね。いや、マジでありがたい。

ということで、さすがに今週にはいろいろ提出しようと思っています。さすがにね。

1人暮らしはエルデンリングである

                ロー生となれ

 

 

 

とまあ昨今話題のエルデンリングに比喩したわけですが、要するに一人暮らし自由度高すぎね?ってことです。

というのも、絶賛今寝落ち4日目なんですが、当然いつ寝ても、いつ起きても自由なんですよ。

いや、実家でもまあ自由だったんですが、それとは非にならないわけですよ。何もかも自由。フリーダム。

で、エルデンリングにたとえたのは当然自由であることを賛美したいからではなくて、むしろ自由「すぎる」の点に重きが置かれていて、このRPG広すぎんだろ・・・って感じです。

暇。自由というよりは暇。家帰っても一人だし・・・(´;ω;`)(/ω\)メンヘラ化しそうです()

一人暮らし4年間やった人。ぜひ暇を無くす方法を教えてください(切実)。

まあそんなけ。大学生がマッチングアプリに手出すのもわかりますわ。暇ですもん。

以上

以上である。え?もっとおもしろい話は?

ない。そんなものはない。そんなにおもしろい話が見たいなら、バキバキ童貞チャンネルを見るか

www.youtube.com

下記の記事を見ろ

azumerogohan.hatenablog.com

いずれも面白いのに閲覧数が伸びていない傑作だ。特に後者はなぜこれほど閲覧数が伸びていないのか世界三大七不思議に入ってもおかしくないはずである。

 

ではでは

 

 

(´-ω-`)